【2019/04/16 #maruden_eye そのUSBメモリーは大丈夫ですか?】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2019/04/16 #maruden_eye そのUSBメモリーは大丈夫ですか?】
 新年度という事で、会社のセキュリティネタを多くしています。PCやネットワークなどは普段使っている筆記用具のようなものですから、こういう、節目を設けて見直す、というのが大切だと考えています。

 今日取り上げるのは、私物のUSBメモリを仕事で使う、という話です。これは正直な話、割とよくあるのではないか、と考えています。何がまずいか、というと、知らずにUSBに入ってしまったウイルスが会社のPCやネットワークなどに感染して広がる可能性がある、という事です。

 ただ、この記事で言いたいのはUSBの所有者が誰か、というところより、管理のきいていない端末に挿入した事があるUSBメモリはウイルス感染の可能性がある、と考えた方が良い、という点です。

 次回はどうやって感染を守っていくか、その点について取り上げていきたいと思います。

<参考リンク>
■私物のUSBメモリを仕事で勝手に使っていると… | トレンドマイクロ is702
https://goo.gl/r4wcm

■USBメモリから、どのように情報漏えいが発生してしまうのか? – YouTube
https://youtu.be/Bz1XDecamI8

【2019/04/09 #maruden_eye SDカード いよいよテラの時代へ】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2019/04/09 #maruden_eye SDカード いよいよテラの時代へ】
 いよいよ、というか待ちに待った感じもあるけれども、いよいよSDカードの保存容量がテラを超えてきた、というネタが記事になっていた。

 詳細についてはリンク先をご覧頂きたいのだけれど、約450ドルという事で、110円換算で日本円にすると、5万円超えるくらいになるだろうか。ちなみに、512GBのモデルもあるそうで、こちらは、約200ドル、2万2千円。もう充分、手の届く価格である。

 あとはSDカード自体の耐久力というところになってくる。それこそ、防犯カメラなどに挿入するエッジストレージとしての役割をになうSDカードはタフさ、つまり度重なる書き込みに対して高耐久である事が求められる。そういう点では、SanDiskなどから、高耐久のカードというのがわざわざ発売されている事からも、その分野へこれだけ大きい容量のカードを投入できるようになるのはもう少し先かもしれない。

 いずれ、上記のような動画関係の用途がメインになってくるだろうが、一方でデータは撮れば撮るほど溜まる。そうなると、次をどうするのか。一時保管ならまだしも、SDで永久保管は出来ないので、何か別のストレージが必要になってくる。この辺が次なる悩みどころ、ではある。

<参考リンク>
■microSDXCカードが遂に記録容量1TBの大台へ ~4月より発売開始 – PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1171521.html

【2019/04/02 #maruden_eye リモートデスクトップで働き方改革】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2019/04/02 #maruden_eye リモートデスクトップで働き方改革】
 新年度を迎えた皆様も多い事かと思いますが、今年度は4月1日からいよいよ、働き方改革関連法案が施行される、という事で、様々な取り組みがスタートされていることかと思います。
 一方で、何から手を付けていいのやら、とお感じになられている方も多いかと思います。という事で、取り組みやすそうなツールを今回はご紹介したいと思います。

 リモートデスクトップとは、当にリモート、遠隔地から自分やその他のデスクトップを見られる、というもの。あたかも自分がその場所でそのPCを扱っているかのようになるため、例えば、日報を打ち込むためだけに帰社しなければならない、遠隔地の通常無人のPCを操作しなければならない、など、自分のPCに接続して処理する、という事ができる。
 人が動かなくて良い分、働き方改革にダイレクトに貢献できる可能性がある。

 このリモートデスクトップの雄と呼ばれているのが、「TeamViewer」というソフト。個人利用だと無料で使用できるため、使った事がある、と言う方も多いのではないでしょうか。ポイントは操作性がとてもよくて、接続方法も簡単、そしてセキュリティが高い、という点。この分野では知名度が抜群に高いソフトだが、この度、日本法人を開設した、という話が記事になっていた。

 働き方改革のアプローチは、風土面、制度面、ツール面、と様々な角度があると思うのだが、まずはやってみない事には効果検証できないものが殆ど。中々ハードルが高いものも多い中、ツールは割と簡単に取り組みやすい切り口ではないだろうか。

<参考リンク>
■リモートデスクトップの雄「TeamViewer」が日本に本格上陸! その魅力と強みを聞いてみた – INTERNET Watch
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/interview/1168239.html

【2019/03/26 #maruden_eye こういうAIはすぐに欲しい!】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2019/03/26 #maruden_eye こういうAIはすぐに欲しい!】
 AIと言えば、仕事が奪われるであるとか、穏やかではない話で出てくることもしばしばなのだけれど、今回のような話であれば歓迎する人の方が多いのではないだろうか。

 PC Watch に掲載されていたネタなのだけれど、パワポのAI機能がすごくパワーアップしていて、何と、手書き文章や図などを既定の形に整えてくれる、というもの。つまりラフにでも手書きで書いて行けば、AIを使ってパワーポイントが清書してくれる、というようなイメージだ。

 使い方次第では爆発的に作業スピードが速まる可能性がある。つまり、今までであれば、どの図を使おうか、くらいのところで時間を使ってしまったりしていた訳だが、サッサと手書きで書き込めばよいだけ、という事だから、ある意味、誰にでもできる訳である。

 この誰でも使える、というのは、キーボードや既存のソフトに慣れ切った私たちからするとあまり恩恵の無い部分だけれども、本来PCを使うために慣れなければならない部分は最小限で済むようにという考え方は全くその通りだなと、改めて、当たり前の事、に気づかされたような気もする。

<参考リンク>
■賢くなったパワポAI、手書き文字や図を既定フォーマットに自動変換
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1168281.html

【2019/03/19 #maruden_eye 2019年気を付けたいネット脅威】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2019/03/19 #maruden_eye 2019年気を付けたいネット脅威】
 1か月前も同様のネタを取り上げたが、この手のネタは定期的に取り上げて頭に入れていくのが一番良い方法だと思うので、これからも適宜ご紹介していきたいと思う。

 今回は、is702というトレンドマイクロさんが提供しているセキュリティ関連のサイト。他のサイトと比較して、かなり分かりやすく書かれているサイトでお勧めしている。今回はこちらで扱っていた2019年に気を付けたいネット脅威について。新年度が始まるところでもあるので、是非、確認してほしい。

 ポイントとしては、個人向けのフィッシングはますます巧妙化する可能性が高い、という話。もう前提として、漏れないという事ではなくて、ネットを使う=個人情報は漏れる、という前提で使わなければならないなと感じる。つまり、漏れる前提で、漏れてもダメージを最小限にするような使い方をする、という事だろう。その前提でやはりパスワードの使いまわしはアカウント乗っ取り、踏み台にされて他者を攻撃されるなど、様々なリスクを伴う。であるから、パスワードの使い回しはNG、使いまわすなら、パスワードを自分なりに生成するルールをこそ使いまわす方法に変更していく事が良いだろう。

 企業に関しては、働き方改革に絡んで、リモートでのアクセス需要が高まる。この際に、リモートアクセスしてくる自宅や個人端末が漏えい元になる可能性が高い、とマイクロソフトでは警鐘をならしている。働き方改革でリモートアクセスを可能にしている場合は、そのリモート環境の構築にも気を配らないといけない、という何とも管理者泣かせな状態になる可能性がある、という事。

 なるほど聞いてみると確かに2019年ならではのトピックであるなと感じる。もうデジタル無しの生活は基本考えられない21世紀なので、もう覚悟して使っていくしかない。

<参考リンク>
■2019年、私たちが気をつけたいネットの脅威とは | トレンドマイクロ is702
https://www.is702.jp/special/3418/partner/250_s/?m=20190111

【2019/03/12 #maruden_eye Windows7の延長サポート終了について】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2019/03/12 #maruden_eye Windows7の延長サポート終了について】
 いよいよWindows7の延長サポートが終了へ向けてカウントダウンになる。終了は2020年1月。気が付けばもう1年切っているという状況である。

 基本的に何が問題なの、というところだが、サポート終了とは、リンク先のGIGAZINさんから引用すると”バグ修正とセキュリティパッチの配布を中止”する、という事。つまりそこから先に新しく発見されたバグも直さないし新しい脅威が出ても対応しません、という放置宣言である。

 ただ、Windows7で大規模な仕組みを作ってしまっているユーザー向けに有償サポートはします、というスタンス。これはコストを支払ってもWindwos7を使い続けざるを得ない一気にWindows10に変える予算は無いので致し方なしという超大規模ユーザー向けの特例と考えるべき。基本的にはWindows10への移行を素直に考えるのがベター、という事だ。

 消費税の増税の話もある中で、かなり駆け込みでPCが動く可能性がある本年。PC、特にもCPUなどは供給量がある程度決まっている事もあり、切り替えのタイミングでは在庫切れが今から容易に想像される。是非、該当している、という方々は事前準備頂ければと思う。

<参考リンク>
■Windows 7の延長サポートが2020年1月に終了予定、IPAが最新版への移行を喚起 – GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20190115-windows-7-support-end/

【2019/03/05 #maruden_eye 働き方改革 サイボウズのケース】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2019/03/05 #maruden_eye 働き方改革 サイボウズのケース】
 「働き方改革」という言葉を近年、聞く機会も多いと思うのだけれど、実現しようと様々な取り組みが各社で行われていると思う。

 そのような中でも特にも注目しているのはサイボウズ。グループウェアのサイボウズ・オフィスで有名な同社は、働き方改革の旗頭、というようなイメージがあるのだけれど、これは、同社が2015年、2年後に20周年を迎えるという時に、本当の働き方改革を実現するためには、という事で同社独自の取り組みを加速させたため、様々な形で取り上げられ、記憶に残っている、ということのようだ。

 上記のような話から、サイボウズが働き方改革をどのように考えて、どのように取り組んでいるのか、とても参考になる記事が、日経のヒューマンキャピタルOnlineに掲載されていたのでこちらでもご紹介したい。

 記事中にもあるが、働き方改革、自体、一つの価値観の押し付け、のような気もしないでもない。より踏み込んでいえば、いわゆる高度経済成長時代の労・使、というマスの交渉というよりも、一人一人、様々な考え方やライフスタイルがあって、各々、何が大切か違ってきている時代に入ってきている、これに寄り添えるような、企業も従業員もハッピーになれるような方法はないのか、という事を考え続ける、というのが、この働き方改革を考える上で重要な前提となろう。

 この記事から見えてくるサイボウズの取り組みはそういう意味でとても刺激を頂ける内容です。

<参考リンク>
■「働き方改革」風刺アニメで奏功~サイボウズ創業20周年~ | ヒューマンキャピタル Online
https://project.nikkeibp.co.jp/atclhco/122700035/122700001/?P=1

【2019/02/26 #maruden_eye 2019年のカメラ・セキュリティは? その3】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2019/02/26 #maruden_eye 2019年のカメラ・セキュリティは? その3】
 前回は、カメラ・セキュリティに関する2019年のトレンドについて、IPカメラのリーディングカンパニーである、AXIS CommunicationsのCEO、レイ・モーリッソンの発信しているブログを見ましたが、今回は最終部分を見ていきます。

 第1に業界トレンド、そして第2にプライバシーの話をしていました。
 第3にサイバーセキュリティ、第4に倫理面への影響を取り上げていました。

 そして、最終的には信頼の問題だ、としてこのブログを締めています。すなわち、ビジネスにおいても社会においても、信頼が第一だ、特に信頼のソフト部分が重要、としています。これは、納期や価格について約束を守るという事から、一歩踏み込み、互いの価値観が一致しているか、コンプライアンスはどうか、など、様々な観点から、「信頼」を評価される時代になっていて、これが最終的には一番大事だ、と言い切っています。

 これは特にもセキュリティ業界、という点で色濃く出たところはあるかと思いますが、大なり小なり、より深い質の「信頼」が求められる時代になってきている、と考えられるのです。

<参考リンク>
■2018年のセキュリティ市場の動きを振り返る- 2019年への潜在的な影響 – Secure Insights
https://goo.gl/FRj1pK

【2019/02/19 #maruden_eye 2019年のカメラ・セキュリティは? その2】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2019/02/19 #maruden_eye 2019年のカメラ・セキュリティは? その2】
 前回は、カメラ・セキュリティに関する2019年のトレンドについて、IPカメラのリーディングカンパニーである、AXIS CommunicationsのCEO、レイ・モーリッソンの発信しているブログを見ましたが、今回は後半を見ていきます。

 第1に業界トレンド、そして第2にプライバシーの話をしていました。

 第3には、サイバーセキュリティについて挙げています。スタンドアローンの仕組みでなければ、サイバーセキュリティと無関係であると考えるのは無理がある21世紀、IPカメラ・デバイスも御多分に漏れず、という風です。繋がっていく便利さとトレードオフになってしまっているセキュリティを高いレベルでバランスをとっていくことが求められます。

 第4として、倫理面への影響、という話が出てきます。この辺はグローバル・カンパニーであるAXISならでは、と感じる部分もありますが、倫理を抵触しても監視したがるユーザーがいる、という前提に立ち、我々ベンダーサイドも大きい責任をもって商品を展開していく必要がある、としています。

 来週、纏めの部分をクローズアップして、クロージングします。

<参考リンク>
■2018年のセキュリティ市場の動きを振り返る- 2019年への潜在的な影響 – Secure Insights
https://goo.gl/FRj1pK

【2019/02/12 #maruden_eye 2019年のカメラ・セキュリティは? その1】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2019/02/12 #maruden_eye 2019年のカメラ・セキュリティは? その1】
 年始からセキュリティ関係の情報が続いていますが、今回はカメラ・セキュリティに関する2019年のトレンドについて、IPカメラのリーディングカンパニーである、AXIS CommunicationsのCEO、レイ・モーリッソンが発信しているブログを見ていきたいと思います。

 まず、M&Aなどを通じて業界が急速に変化していくトレンドは今年も継続する、としています。つまり、これはカメラだけにとどまらずIP通信を通じて様々な事が繋がっていく流れが加速していく、という風に読めます。その際に重要なのは、ユーザーライクである事、とのこと。

 第2にプライバシーについて取り上げています。侵害か保護か、という所ですね。これは国によって考え方が違う、としています。日本においては、2020年の東京オリンピックを控えている事もあり、プライバシーより安全対策が優先されるようなシーンも出てくる可能性があります。このようなケースにおいては、つまりどこまでプライバシーを配慮するのか、この点については議論をしつつ軌道補正していく形になる事が予想されます。

 ボリュームが大きいブログなので、次回もこちらの後半を取り上げたいと思います。

<参考リンク>
■2018年のセキュリティ市場の動きを振り返る- 2019年への潜在的な影響 – Secure Insights
https://goo.gl/FRj1pK

【2019/02/05 #maruden_eye 2019年のITセキュリティにおける脅威とは】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2019/02/05 #maruden_eye 2019年のITセキュリティにおける脅威とは】
 前回のトレンドマイクロの記事が好評だったので、今回もIT関連のセキュリティネタをご案内したい。今回はもう少し包括的なレイヤーのセキュリティについて。

 参考リンクは、トレンドマイクロが昨年末に発表した2019年の脅威動向を予測したレポートなのだが、今後、企業ITの観点で注意しなければならないポイントが端的にまとめられている。

 詳細については記事をご参照頂きたいのだが、予測のハイライトとして以下の3つが挙げられている。これを共有する事は多くの組織のみならずインターネットを利用する方々に有益な事であると言う観点からこちらでも引用させて頂く。

 1.AIによるセキュリティ対策を回避する攻撃や、AIを悪用したサイバー攻撃の登場
 2.「テレワーク」の普及が法人セキュリティにおける新たな弱点に
 3.「ソーシャルエンジニアリング」が再び攻撃の中心に

 1.のAIについては、より攻撃が進化していく可能性が高いと。何とも暗澹たる気持ちになる。
 2.についてはその通りで、働き方改革に対応すべく組織のリソースをどれだけアクセシブルにできるか、と言うのが一つの切り口になるのだけれど、やはりこれとセキュリティはトレード・オフの関係、と考えていたほうが良いだろう。
 3.については、フィッシングのような個人を対象とした攻撃が今後も増えるだろう、という予測で、組織の大小によらず、よりセキュリティに関する教育の重要性が増してくる。

<参考リンク>
■トレンドマイクロ、2019年の脅威動向を予測したレポートを公開 | トレンドマイクロ https://www.trendmicro.com/ja_jp/about/press-release/2018/pr-20181213-01.html

【2019/01/29 #maruden_eye ビジネス詐欺の被害にあう前に】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2019/01/29 #maruden_eye ビジネス詐欺の被害にあう前に】
 2019年も主要テーマの一つなのが、セキュリティ。今年もこちらのネタでも皆さまと様々なネタを共有してビジネスシーンにおけるセキュリティをアップしていきたい。

 今日のネタは、トレンドマイクロさんが提供している is702 ( https://www.is702.jp )から。 このサイト、トレンドマイクロさんが提供しているセキュリティ情報サイトなのだけれど、一般の方に向けて書かれているので、他のプロ向けのセキュリティ情報サイトと比べると格段に読みやすい。

 こちらの記事で紹介されていたのが、ビジネスメール詐欺の被害を防ぐ5つの対策、というもの。もう、社内の社員の名をかたって突然変な請求書、的なメールが送られてきたりするのは、最初こそ驚いたが今ではもう定番の迷惑メールのような、そういう扱いになってきている。
 やはり、社外からでも社内からでも、添付ファイルを開く、URLをクリックする際には、十分に注意する事が必要だ。
 それから、事更に緊急性をあおるメールも要注意。例えばカードの不正利用などの際は、カード会社から確認の電話を入れてくれる事も多いので、まずはドキッとするような表題を見ても焦らずにしっかり内容を吟味し、必要に応じては電話等、別の通信手段を用いて対象先に連絡を入れて確認するなど、対応するようにしたい。

<参考リンク>
■ビジネスメール詐欺の被害を防ぐ5つの対策 | トレンドマイクロ is702
https://goo.gl/788zzL

【2019/01/22 #maruden_eye ざんねんな情報共有とは】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2019/01/22 #maruden_eye ざんねんな情報共有とは】
 今年は去年にもまして働き方改革の様々な話が出てきそうな予感がある。何しろ2019年4月に労働基準法が改正となり、法律からも働き方改革を実現しようと大きく様々な事が舵を切られるという事で、もちろん、会社の規模や職種によっても様々あるとは思うが、多かれ少なかれ、考えていかなければならないテーマ。

 今日はその働き方改革の中でも、IT化を推進して業務効率をあげていこう、と取り組もうとしている会社様、もしくは、個人の皆様に向けたネタ。
 参考リンクはグループウェアで有名なサイボウズが公開している「ざんねんな情報共有ずかん」。確かに情報共有はしたけれども、それが切欠で様々な別の問題が起きてますね、という話をコミカルに紹介している。

 もちろん、内容はコミカルだが、これが自分の会社や部署で起こったら、もしくは自分自身が当事者となったら、と考えると冷や汗が出る。
 
 是非、皆様にも一度ご覧頂いて情報化へ向けての注意点をチェック頂ければと思う。
  
<参考リンク>
■ざんねんな情報共有ずかん
https://garoon.cybozu.co.jp/lp/zannen/index.html

【2019/01/15 #maruden_eye 重要データを失う前に】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2019/01/15 #maruden_eye 重要データを失う前に】
 新年あけましておめでとうございます。本日より、Facebookページを再開させて頂きます。今年も弊社商材から、ビジネスパーソンにプラスになる情報まで、様々とり扱って参りたいと思います。引き続きのご愛顧を何卒、宜しくお願い申し上げます。

 本年最初のネタは、バッファローのハードディスク故障予測サービスについて。以前に比べるとHDDの故障は各段に減ってきたという印象があるけれども、それでも年に何度かは故障した、という話を耳にします。そういうケースによって、メインのパソコンでバックアップがとれていない、という事もしばしば。

 このバッファローのサービスはUSB接続のHDDの故障予測をするソフトをリリースした、というもの。HDDが持っている、自己診断機能情報をクラウドに蓄積し、異常が発生した場合、このソフトにアラームをあげてくれる、というものだ。

 危ない、と出た場合はすぐにHDDを交換対応する。正直、物理的に壊れてどうしようもなくなるのと、その前に入れ替えるのでは、全く意味合いが違う。是非、バッファローの外付けHDDを愛用されている方はご活用頂ければと思う。

<参考リンク>
■バッファロー正規 故障予測サービス「みまもり合図」|株式会社バッファロー BUFFALO
https://goo.gl/Yha7je

【謹賀新年】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【謹賀新年】
昨年は格別 の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。弊社、本日より2019年の営業を開始いたしました。

本年も社員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

【2018/12/25 #maruden_eye より便利な機器を安全に使う】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2018/12/25 #maruden_eye より便利な機器を安全に使う】
 本年最後の記事はセキュリティについて。なにも年の瀬までそんな話をしなくてもいいだろう、と思う方もいらっしゃると思うのだけれど、しかし、割となおざりにしている方も多いかと思う訳で、年末年始のお休みの際にご家庭の機器など見直しして頂きたい、という意図である。

 詳細については、内閣サイバーセキュリティセンター NISCのFacebookページで取り上げられた記事をご参照頂きたいのだけれど、単独で通信しこれをベースにアクションを起こすような、いわゆるIoT機器、これらがハッキングの対象になる、という記事だ。
 問題はハッキングされてどういう被害が怒るのか、と言う話だが、例えば、家の中に置いた何かカメラがついたIoT機器がハッキングされ、プライバシーが脅かされるというような被害から、このIoT機器が攻撃元となって他のサーバーなどにサイバー攻撃を仕掛ける、つまり自分が知らない間に加害者になる、というものまで、考えるだけで恐ろしい事が様々とある。

 対策としては、単純に以下のような事が考えられる。これをやっているか、やっていないか、だけでも随分と違うので是非、以下の2点、家のIoT機器をチェック頂ければと思う。
 【対策1】パスワード設定ができる機器は、初期パスワードを使用しない
 【対策2】システムのソフト(ファームウェアなど)は最新版を利用する
 
 以上、これで今年の更新は終わりとなります。来年は1月15日からの再開を予定しております。よろしくお願い申し上げます。

<参考リンク>
■内閣サイバーセキュリティセンター NISC | IoT機器も乗っ取られ攻撃に使われる
https://www.facebook.com/nisc.jp/photos/a.426151674241997/935620126628480/?type=3&theater

【弊社2018年末・2019年始の営業予定について】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【弊社2018年末・2019年始の営業予定について】

本年も弊社をご愛好頂き誠に有難う御座いました。
弊社の年末年始の営業予定についてご案内させて頂きます。

■年末年始の営業予定について

本年末の弊社営業スケジュールは2018年12月28日(金)午前中までとなります。

来年は2019年1月7日(月)よりスタートさせて頂きます。

■障害対応について

年末年始休暇中につきましては留守番電話にメッセージをお預かりした後、確認後、係りの者が対応させて頂きます。

○営業 019-625-1551

○技術センター
電気系:019-636-3262
通信系:019-636-3264

以上です。宜しくお願い申し上げます。

【2018/12/18 #maruden_eye 健康管理はしたいが面倒な事は嫌いと言う方に朗報です】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2018/12/18 #maruden_eye 健康管理はしたいが面倒な事は嫌いと言う方に朗報です】
 毎日、健康管理の為に体重計に乗っている、という方も少なくないかと思うのだが、その記録を別途、メモしたりグラフ化している、というの方は少ないのではないか。もし仮にいらっしゃるとしても、かなり面倒だと感じているか、それを通り越してやらないと気持ちが悪いというレベルに到達されているか、いずれかであろう。

 いずれにしても、そういう煩わしさから解放されつつ、しっかり数値管理も出来る、と言う体重計がエレコムから発売された。計測した数値をクラウド上にデータ蓄積していって、管理できるというもの。エクリア( https://www2.elecom.co.jp/products/HCS-WFS01WH.html )という名前のこの商品、体重のほかに、内臓脂肪レベル・体脂肪率・BMI・骨格筋率・骨量・基礎代謝、が測定可能。これらを専用のスマホアプリで閲覧していく形になる。( IOS/Android 対応 )
 
 この商品の面白いところは2つ。データをクラウド管理する事と、専用アプリで閲覧する、という点だろう。以前であればSDカードなどを本体に差し込んでおいて、あとでこのSDカードからデータを取り出すような、そういうアクションが必要になるところを、クラウド管理とする事でその辺の手間を一度に省いたこと。それから、PCをわざわざ立ち上げなくても身近なスマホで閲覧できる気軽さもいい。

 是非、年末、様々と管理が必要な時期でもあろうから、笑、是非、ご活用頂ければと思う。
 
<参考リンク>
■エレコム、自動でクラウドにデータ蓄積ができる「エクリア 体組成計」 – ITmedia PC USER
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1811/06/news097.html

【2018年12月13日 #maruden_eye 巴染工様 新拠点開所おめでとうございます!】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2018年12月13日 #maruden_eye 巴染工様 新拠点開所おめでとうございます!】
日頃より大変お世話になっております巴染工様。
この度、南大通に開所された新拠点「南大通BASE」のお話しが盛岡タイムスさんに掲載されておりました。
弊社も今回の開所に絡みビジネスフォンはじめ通信設備をご用命頂き施工させて頂きました。ありがとうございます。

弊社は、伝統と革新が当に融合する巴染工様の益々のご発展を、これからも専門分野からサポートさせて頂きたく存じます。

重ねて、新拠点の開所、おめでとうございます!

http://www.morioka-times.com/news/2018/1812/12/18121201.htm

【2018/12/11 #maruden_eye 改めてEXCELの技をご紹介】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2018/12/11 #maruden_eye 改めてEXCELの技をご紹介】
 エクセルはビジネスパーソンにとって身近なツールではないかと思います。基本的な表計算から複雑な式を織り込んだシート、果てはこれを使ったアートまで。本当に様々と出来てしまうエクセルですが、改めて、いわゆる表計算としての機能について、です。

 割と習うより慣れろ、で使っていらっしゃる方も多いかと思うのですが、え、こんな機能があるの!?というものが、未だにあります。勿論、自分だけが知らないのか、それとも割とマイナーな機能なのか。いずれにしても、これさえ知っていればかなり効率が上がったのに、というものも少なくないです。

 今回紹介する記事はハーバード・ビジネス・レビューのWEB版に掲載されていた。同雑誌のようなガチガチのビジネス雑誌にもエクセルの話題がのるのかと驚いたが、それだけ浸透しているツール、という事にもなろう。

 詳しくは記事を参照頂きたいが、個人的にはF4。このキーの活用方法を知れたのは発見でした。
 
<参考リンク>
■Excelの10機能を使いこなし生産性を上げる | HBR.ORG翻訳リーダーシップ記事|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
http://www.dhbr.net/articles/-/5614