平成30年7月豪雨、平成30年9月台風21号、平成 30 年北海道胆振東部地震

により起きた災害で被災された皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。

一日も早い復旧・復興を遂げられるようお祈り申し上げます。

株式会社佐々木電機本店 社員一同

新着NEWS

Facebook

【2018/11/13 #maruden_eye 公衆電話の使い方】

【2018/11/13 #maruden_eye 公衆電話の使い方】
 今日は時代だな、と感じた投稿があったのでご紹介。NTT東日本のオフィシャルFacebookページなのだが、こちらに「\知っておきたい、公衆電話の使い方/」という記事が掲載されていた。

 記事の内容については、参考リンクのリンク先をご参照頂きたいのだけれど、公衆電話の使い方をレクチャーされる時代になるとは、子供の頃は思いもしなかった。しかし、今のスマホが普通に身近にある子供たちにとってみれば、確かにレクチャーが必要かもしれない。

 一番、教えてやりたいのは、10円玉は複数枚の投入が可能ですよ、ということ。使わなかった分は「ジャラジャラ」と音を立てて、電話を切った際に帰ってくる。でも、100円を入れてしまうとおつりは返ってこない。

 昔は寮の電話で順番待ちをして10円を重ねて実家やら、どこへやら、電話したのが、本当に懐かしいというか、昔話の当事者になったような気分でどうにも不思議な気持ちだ。

<参考リンク>
■Facebook|NTT東日本の投稿 \知っておきたい、公衆電話の使い方/
https://goo.gl/xnV9tt

Facebook

【2018/11/06 #maruden_eye PoE給電 もっと遠くに】

【2018/11/06 #maruden_eye PoE給電 もっと遠くに】
 今日は面白い商品がリリースされているのでご紹介してみたい。PoEのエクステンダーである。

 PoEというのは、普段私たちがパソコンなどで使用しているLANケーブル、これでカメラなどの機器に電源供給してしまおう、というもの。もちろん受ける側がPoE対応でなければならないという条件はあるが、最寄りに電源がなくてもLANケーブルを通じて給電できるので、設置がより柔軟になったり、配線量が減ったりするメリットもある。
 
 但し、LANケーブルの伝送のマックスが100メートルでこれを超えられないというルールがあるので、100mを超える配線の場合は途中にスイッチを入れて中継してやる必要があった。
 しかし、この機器を使用すれば、問題なくLANケーブルを延長できて、しかもPoE給電も損なうことなく行える。100mをちょっと超える、と言う場合、中継スイッチを入れる、それ用の電源を確保する、など、かなり大ごとになっていたのが、スッキリした形になるのだ。

<参考リンク>
■AXIS T8129-E Outdoor PoE Extender (屋外用PoEエクステンダー) | Axis Communications
https://www.axis.com/ja-jp/products/axis-t8129-e

Facebook

【2018/10/30 #maruden_eye 今だからこそIT活用あらためて】

【2018/10/30 #maruden_eye 今だからこそIT活用あらためて】
 窓口を無人化する、と言われて皆さんはどういう印象を受けるだろうか。

 やはり人に対応してもらわないと不安である、とか、様々あろうかと思うが、この度、沖電気工業で窓口を無人化するソフトが開発された。機能としては、専門のオペレーターとテレビ電話で繋ぐ、それから、音声・タッチ入力で手続きができる、というもの。

 最近、androidが対応するホテルがあるそうなのだが、基本的には同じ仕組み。むしろ定型業務であれば作り込みが可能であるソフトを利用する事で、多言語対応を実現するなど、お客側にもメリットが大きい。加えて、窓口をたらい回しにされることなく専門家と話ができるメリットもある。企業側としても専門家を各所に配置するのではなく、集中してコールセンター的に人員配置ができることから生産性もあがる、というもの。

 これは主として金融業を想定して作られているソフトではあるが、様々な活用方法があると感じている。

<参考リンク>
■OKI、窓口を無人化するソフト、タッチと音声で操作、必要に応じてテレビ電話で応対 | IT Leaders
https://it.impressbm.co.jp/articles/-/16568

お問い合わせ先

■夜間・休日の故障は
○電機に関する事 
 TEL 019-636-3262
○通信に関する事 
 TEL 019-636-3264

■メールでのお問合せ
 こちらからお願いします

■本社
〒020-0878 
岩手県盛岡市肴町9-15
TEL 019-625-1551(代表)
FAX 019-625-1557

■技術センター
〒020-0837 
岩手県盛岡市津志田町1-1-50
TEL 019-636-3268(代表)
FAX 019-636-3058

■八戸支店
〒031-0001 
青森県八戸市類家4丁目1-20
TEL 0178-45-1870(代表)
FAX 0178-45-1871

■青森営業所
〒030-0853 
青森県青森市金沢3丁目24-17-102
TEL 017-718-5665
FAX 017-718-5664