平成30年7月豪雨、平成30年9月台風21号、平成 30 年北海道胆振東部地震

により起きた災害で被災された皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。

一日も早い復旧・復興を遂げられるようお祈り申し上げます。

株式会社佐々木電機本店 社員一同

新着NEWS

Facebook

【2019/02/12 #maruden_eye 2019年のカメラ・セキュリティは? その1】

【2019/02/12 #maruden_eye 2019年のカメラ・セキュリティは? その1】
 年始からセキュリティ関係の情報が続いていますが、今回はカメラ・セキュリティに関する2019年のトレンドについて、IPカメラのリーディングカンパニーである、AXIS CommunicationsのCEO、レイ・モーリッソンが発信しているブログを見ていきたいと思います。

 まず、M&Aなどを通じて業界が急速に変化していくトレンドは今年も継続する、としています。つまり、これはカメラだけにとどまらずIP通信を通じて様々な事が繋がっていく流れが加速していく、という風に読めます。その際に重要なのは、ユーザーライクである事、とのこと。

 第2にプライバシーについて取り上げています。侵害か保護か、という所ですね。これは国によって考え方が違う、としています。日本においては、2020年の東京オリンピックを控えている事もあり、プライバシーより安全対策が優先されるようなシーンも出てくる可能性があります。このようなケースにおいては、つまりどこまでプライバシーを配慮するのか、この点については議論をしつつ軌道補正していく形になる事が予想されます。

 ボリュームが大きいブログなので、次回もこちらの後半を取り上げたいと思います。

<参考リンク>
■2018年のセキュリティ市場の動きを振り返る- 2019年への潜在的な影響 – Secure Insights
https://goo.gl/FRj1pK

Facebook

【2019/02/05 #maruden_eye 2019年のITセキュリティにおける脅威とは】

【2019/02/05 #maruden_eye 2019年のITセキュリティにおける脅威とは】
 前回のトレンドマイクロの記事が好評だったので、今回もIT関連のセキュリティネタをご案内したい。今回はもう少し包括的なレイヤーのセキュリティについて。

 参考リンクは、トレンドマイクロが昨年末に発表した2019年の脅威動向を予測したレポートなのだが、今後、企業ITの観点で注意しなければならないポイントが端的にまとめられている。

 詳細については記事をご参照頂きたいのだが、予測のハイライトとして以下の3つが挙げられている。これを共有する事は多くの組織のみならずインターネットを利用する方々に有益な事であると言う観点からこちらでも引用させて頂く。

 1.AIによるセキュリティ対策を回避する攻撃や、AIを悪用したサイバー攻撃の登場
 2.「テレワーク」の普及が法人セキュリティにおける新たな弱点に
 3.「ソーシャルエンジニアリング」が再び攻撃の中心に

 1.のAIについては、より攻撃が進化していく可能性が高いと。何とも暗澹たる気持ちになる。
 2.についてはその通りで、働き方改革に対応すべく組織のリソースをどれだけアクセシブルにできるか、と言うのが一つの切り口になるのだけれど、やはりこれとセキュリティはトレード・オフの関係、と考えていたほうが良いだろう。
 3.については、フィッシングのような個人を対象とした攻撃が今後も増えるだろう、という予測で、組織の大小によらず、よりセキュリティに関する教育の重要性が増してくる。

<参考リンク>
■トレンドマイクロ、2019年の脅威動向を予測したレポートを公開 | トレンドマイクロ https://www.trendmicro.com/ja_jp/about/press-release/2018/pr-20181213-01.html

Facebook

【2019/01/29 #maruden_eye ビジネス詐欺の被害にあう前に】

【2019/01/29 #maruden_eye ビジネス詐欺の被害にあう前に】
 2019年も主要テーマの一つなのが、セキュリティ。今年もこちらのネタでも皆さまと様々なネタを共有してビジネスシーンにおけるセキュリティをアップしていきたい。

 今日のネタは、トレンドマイクロさんが提供している is702 ( https://www.is702.jp )から。 このサイト、トレンドマイクロさんが提供しているセキュリティ情報サイトなのだけれど、一般の方に向けて書かれているので、他のプロ向けのセキュリティ情報サイトと比べると格段に読みやすい。

 こちらの記事で紹介されていたのが、ビジネスメール詐欺の被害を防ぐ5つの対策、というもの。もう、社内の社員の名をかたって突然変な請求書、的なメールが送られてきたりするのは、最初こそ驚いたが今ではもう定番の迷惑メールのような、そういう扱いになってきている。
 やはり、社外からでも社内からでも、添付ファイルを開く、URLをクリックする際には、十分に注意する事が必要だ。
 それから、事更に緊急性をあおるメールも要注意。例えばカードの不正利用などの際は、カード会社から確認の電話を入れてくれる事も多いので、まずはドキッとするような表題を見ても焦らずにしっかり内容を吟味し、必要に応じては電話等、別の通信手段を用いて対象先に連絡を入れて確認するなど、対応するようにしたい。

<参考リンク>
■ビジネスメール詐欺の被害を防ぐ5つの対策 | トレンドマイクロ is702
https://goo.gl/788zzL

お問い合わせ先

■夜間・休日の故障は
○電機に関する事 
 TEL 019-636-3262
○通信に関する事 
 TEL 019-636-3264

■メールでのお問合せ
 こちらからお願いします

■本社
〒020-0878 
岩手県盛岡市肴町9-15
TEL 019-625-1551(代表)
FAX 019-625-1557

■技術センター
〒020-0837 
岩手県盛岡市津志田町1-1-50
TEL 019-636-3268(代表)
FAX 019-636-3058

■八戸支店
〒031-0001 
青森県八戸市類家4丁目1-20
TEL 0178-45-1870(代表)
FAX 0178-45-1871

■青森営業所
〒030-0853 
青森県青森市金沢3丁目24-17-102
TEL 017-718-5665
FAX 017-718-5664

インターネット セキュリティ ナレッジ is702