新着NEWS

Facebook

【2018/05/22 #maruden_eye リースと何が違う?サブスクリプション】

【2018/05/22 #maruden_eye リースと何が違う?サブスクリプション】
 今日は、昨今はやりのサブスクリプション・モデルになんと家具が登場した、という話。

 まず、サブスクリプションについて。サブスクリプションとは、モノの利用権を借りて利用した期間に応じて料金を支払う方式。リースと似ていなくもない感じだけれども、特定のモノに対して支払うのがリース代、あくまで「利用権」なので、モノが変わる可能性があるのが、サブスクリプション、という感じだろうか。

 今回は、家具屋がサブスクリプションを始めた、という話だけれども、これもリースでは無いから、一定期間使用した後に、最新版にアップデートしてくれ、という事が可能なのだそうだ。

 コスト的には買取よりも高くつく、というのがこういう権利ものの常。しかし一方で、一時的に大きい費用計上をしなくてすんだり、常に最新のものをつかるという魅力もある。そういう意味では目的に応じて、という感じになるのだろうか。
 
<参考リンク>
■スマート家具ベンチャーが仕掛けた月額500円からの「サブスクリプション家具」 – ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1804/16/news131.html

Facebook

【2018/05/15 #maruden_eye 電子版の著作権】

【2018/05/15 #maruden_eye 電子版の著作権】
 今日は、GW前から話題になってる、ネット上で展開されている漫画をはじめとする電子書籍の海賊版対策について。

 デジタルの特徴そのものである「再現性」は、完全なコピーを可能にする、結果としてコンテンツ市場が成り立たなくなる、という話は以前からよく聞いた訳だか、実際に市場が成立して育ってくると、やはり現実にこういう問題が発生する。

 作り手に報酬がある仕組みにしないと、コンテンツを生み出そう、良質なものを出して行こうという気持ちにもならないだろうし、霞を食べて生活する訳でも無し、結果、参入者がいなくなる可能性もゼロではない、という危機感がある。

 私たち読み手がコンテンツ産業を支えているという事実を確認し、海賊版に毅然とした態度で臨む必要がある。
 
<参考リンク>
■電子書店5社が「日本電子書店連合」設立 読者に「正規版」購入促す – ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1804/16/news132.html

Facebook

【2018/05/08 #maruden_eye これは面白い!IT系4コマ】

【2018/05/08 #maruden_eye これは面白い!IT系4コマ】
 その名も「@IT」というIT系の情報サイトがあるのですが、その中に異彩を放つコーナーがありまして是非ともこちらを今回は紹介したいと思います。

 「がんばれ!アドミンくん」、という4コマ漫画なのですが、これが、またよく職場で起きるIT絡みの諸々の事柄をすごく切れ味よく4コマにしている、とっても楽しい作品。

 正直、中々、業界の方でないとお目にかかることはないと思われますので、共有したいと思います。
 ちなみにリンク先は、AI活用時代。思わず、ニヤリとする落ちです。
 
<参考リンク>
■第582話 AI活用新時代:4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」 – @IT
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1804/17/news015.html

お問い合わせ先

■夜間・休日の故障は
○電機に関する事 
 TEL 019-636-3262
○通信に関する事 
 TEL 019-636-3264

■メールでのお問合せ
 こちらからお願いします

■本社
〒020-0878 
岩手県盛岡市肴町9-15
TEL 019-625-1551(代表)
FAX 019-625-1557

■技術センター
〒020-0837 
岩手県盛岡市津志田町1-1-50
TEL 019-636-3268(代表)
FAX 019-636-3058

■八戸支店
〒031-0001 
青森県八戸市類家4丁目1-20
TEL 0178-45-1870(代表)
FAX 0178-45-1871

■青森営業所
〒030-0853 
青森県青森市金沢3丁目24-17-102
TEL 017-718-5665
FAX 017-718-5664