新着NEWS

Facebook

【2019/05/14 #maruden_eye ネットを安全に使うセルフチェック】

【2019/05/14 #maruden_eye ネットを安全に使うセルフチェック】
 自分が今、どういう状況にあるのか。セルフチェックというのは何においても重要であるけれども、何か比較したりガイドがないと中々、セルフチェックせよと言われても辛いものがある。

 今日の参考リンクで紹介している、トレンドマイクロ is702で出ていたネタは、ホームネットワークを安全に保つためのセキュリティチェックリスト 、である。
 もちろんこれは、ホームネットワークに限らずビジネスシーンにおいても重要な視点だ。むしろ、ビジネスシーンにおいては当然の事として扱われていると言っても過言ではない内容になっているので、是非、チェックしてみてほしい。

 このホームページの作り方が割と面白い。一問ずつ回答するような形で進み、最後に結果が一覧で表示される。インターフェースとして面白いなと感心しているのだが、こういうインターフェースの拡充が、結果として世の中にとってプラスのインパクトをもたらすことは明白であるなと改めて感じる。

 いずれ、重ねて、こちらで取り扱っている内容はホームネットワークで必須なレベルなので、ビジネスシーンにおいては、マスト中のマスト。この中でなされていない事があるならば、早急な対応が必要だ、という認識を持つべきだ。

<参考リンク>
■ホームネットワークを安全に保つためのセキュリティチェックリスト | トレンドマイクロ is702
https://www.is702.jp/special/3402/partner/250_s/?m=20190329

Facebook

【2019/05/07 #maruden_eye 自然災害への備え】

【2019/05/07 #maruden_eye 自然災害への備え】
 近年、日本各地を襲っている自然災害、他人事だと思っているとある日突然、当事者になってしまう、というのがこの自然災害の怖さの一つだ。

 トレンドマイクロのis702、普段はネットの脅威などについて話題提供しているが、今回は自然災害への備えとして知っておくべきこと、という内容で、こちらでも是非ご紹介したい。is702らしく、取り扱っているのは、特にも、自然災害時のネットやWI-FI、連絡補法など、主として情報に関する切り口だ。

 詳細については参考リンク先を見て頂きたいのだけれど、いちいち頷ける内容になっている。まずデマ情報はビックリするくらいに流れる。正直、自然災害という非常に厳しい状態の時のデマ情報は生死にかかわる話なので、本当にやめてほしいのだが、それでも愉快犯が発生したりするから本当に信じられない。しかしそういう事が実際に起こるのだ。
 加えて、本人は全くデマを流したと思っておらず、むしろ善意でデマの拡散に加担してしまうケースも発生する。これは発信者が善意をもっているだけにもっと厄介だ。
 このような自然災害の際の情報共有、発信については、いつにもまして、持っている情報がどこの誰が発信したもので、これは共有してよいかどうか、確かなものなのか、という事について、いつも以上に気を使うべきであろう。

 それと、家族と連絡方法を確認しておく。これは、連絡の取れない家族を探しに行って犠牲になった方も少なからずいたことを思い起こせば、家族のステータスを確り把握できる手段を普段から家族間で確認しておく事の重要さがお分かりいただけるものと思う。

<参考リンク>
■自然災害への備えとして知っておくべきこと | トレンドマイクロ is702
https://www.is702.jp/special/3436/partner/250_s/?m=20190329

Facebook

【2019/04/30 #maruden_eye Happy Hacking Keyboard】

【2019/04/30 #maruden_eye Happy Hacking Keyboard】
 本日は、用途に応じたデザインがある、というお話を取り上げていきたい。題材はキーボード、である。

 Scansnapなどで業界でも有名なPFU。同社が販売しているキーボードが、Happy Hacking Keyboard、である。同社サイトにあるこの言葉が極めて印象的なので、引用したい。

 (以下、PFUのサイトから引用)”アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。
馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。
いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない。

【東京大学 名誉教授 和田英一】”(以上)

 確かに仰る通りでPCと四六時中にらめっこしている方々からすれば、PCに入力できるインターフェースは、キーボードとマウス。今でこそペン入力、音声入力など様々と出てきているが、ビジネスシーンでは断然レガシー優位であろう。

 PFUが発売しているのは、Hackingと言っているだけあって、いわゆるソフトウェアエンジニア向けのキーボード。テンキーやカーソルキーなど排除し、ガチガチの文字入力仕様である。

 これがいわゆる、総務、営業向け、だとやはりテンキーが欲しくなる。キーボードの一番上の列を見ながら打つ、など、ナムロックが壊れた時ぐらいであろう。

 そういう意味からすれば、職種、用途に応じて、使いやすいモノのデザインというのはやっぱりある。そういう前提で自分の周りのものを見直してみるというのも良いかもしれない。

<参考リンク>
■PFU、「Happy Hacking Keyboard」50万台出荷キャンペーンを開始 “漆塗”限定モデルを1名にプレゼント – ITmedia PC USER
https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1903/05/news085.html

■Happy Hacking Keyboard | PFU
https://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/

お問い合わせ先

■夜間・休日の故障は
○電機に関する事 
 TEL 019-636-3262
○通信に関する事 
 TEL 019-636-3264

■メールでのお問合せ
 こちらからお願いします

■本社
〒020-0878 
岩手県盛岡市肴町9-15
TEL 019-625-1551(代表)
FAX 019-625-1557

■技術センター
〒020-0837 
岩手県盛岡市津志田町1-1-50
TEL 019-636-3268(代表)
FAX 019-636-3058

■八戸支店
〒031-0001 
青森県八戸市類家4丁目1-20
TEL 0178-45-1870(代表)
FAX 0178-45-1871

■青森営業所
〒030-0853 
青森県青森市金沢3丁目24-17-102
TEL 017-718-5665
FAX 017-718-5664

インターネット セキュリティ ナレッジ is702