新着NEWS

maruden eye

【2020/10/20 #maruden_eye 改めてWi-Fiルーターのセキュリティを考える】

 今回はホームネットワークのお話。特にもWI-FIのセキュリティについて取り上げたい。
 今では多くのご家庭でWI-FIを使用していると思うが、より安全に使うためのポイントが何個かある。トレンドマイクロis702の記事にあったポイントから何個か抜粋してご紹介したい。
 記事中では7つのポイントを挙げているのだが、特にも注意したいと感じたのは、1番、それから3番。7番のホームネットワーク全体を保護できるセキュリティ製品を、というのはもちろんトレンドマイクロにそういう商品があるためだ。
 1番はパスワードをデフォルトのままにしておかない、というもの。これも最近では初期設定が変わってきていて、以前であれば共通のユーザー名とパスワードが使用されていたのだが、今では個々に任意のパスワードが設定されている。正直、どの機器にどのパスワードを入れたなど突き合わせがどうなっているのか個人的には気になるがいずれ、そういう形でセキュリティは増している。が、古い機器をそのまま使用している方もいるだろうから、この辺は意識して変えておきたい。
 3番は暗号化の方式について。今ではWPA3というのが出てきているが、現在の主流と呼べるのはWPA2。最低でもこのレベルのものを使用したい。WEPしか対応していないゲーム機を使うためにこの設定を残していたりするケースがあるのだけれど、基本的にはかなり弱い暗号化と考えた方がよく使わないのがベター。
 便利に安全に使うためにちょっと気を付けただけでもかなりセキュリティの度合いが変わってくる。この辺、是非とも注意してご利用頂ければと思います。
<参考リンク>
■Wi-Fiルータのセキュリティを強化するための7つのポイント | トレンドマイクロ is702
以上
maruden eye

【2020/10/13 #maruden_eye テレビ会議のバックをもっと簡単に】

 新型コロナウイルス対応で、今年初めてテレビ会議を使ってみたという方も多いのではないかと思う。大都市圏の皆様は勿論のこと、県境をまたぐ移動は基本NGという時期があり、その時期は我々のエリアでも東京とテレビ会議を初めてした、というような話をよく聞いた。
 慣れてきてみると様々なことが気になってくる。その一つが、背景である。都合よく会社の空いた応接や会議室など確保できれば背景はそれなりなのだけれど、これが自宅からの利用だと、見たい・見たくないという意思の部分を置いておいて、生活の様子が映り込んできてしまって、会議に集中できない、というここともあった。
 こちらがこれだけ気になるのだから、家からテレビ会議している方はもっと心労だった事だろう。
 こういう問題を手軽に解決できないものかと注意していた。Zoomでは背景を自動認識してデジタル処理で差し替える機能があり、これはこれで重宝するのだけれども、やはり不自然な感じになる場合もある。
 一方でグリーンスクリーンを購入して壁や天井から吊るすという方法もあるけれども、そこまで大げさにしたくない。
 そういうニーズにピッタリなのが参考リンクのもの。こういうちょっと工夫したら、使い勝手がすごくいい、という商品は世の中たくさんあるのだろうな、と改めて感じたところだ。
<参考リンク>
■これなら部屋片付けなくていいじゃん! オンライン会議で活躍する即席バックグラウンド | ギズモード・ジャパン
以上
maruden eye

【2020/10/06 #maruden_eye スパムメール対策を考える】

 今回は、ビジネスパーソンであればほぼ毎日目にしているであろうスパムメールについて取り上げたいと思う。
 詳細については、トレンドマイクロ is702の参考リンクの記事をご覧頂きたいのだけれど、この記事はよくまとまっていて、まず、どういう実例があるのか、4つの実例を挙げたうえで、これに対する対策を5つ提示している。
 迷惑メールの実例として挙げられている四つは、「不正サイトへ誘導するもの」「マルウェアに感染させるもの」「金銭や情報を奪うもの」「誤情報やデマを発信するもの」。もうどれに引っかかっても厄介である。自分が被害者になるだけならまだしも、会社や知人、果ては知らない方にまで大きい被害を引き起こしてしまう可能性がある。これが怖いところである。
 対策として5つ挙げられているのは以下。
 1.詐欺の手口と実例を知る
 2.URLリンクや添付ファイルを不用意に開かない
 3.脆弱性対策をおこなう
 4.セキュリティソフトを最新の状態で利用する
 5.誤情報やデマに惑わされない
 まさに、という感じだが、1番から4番は日頃の積み重ねになる。1.については参考リンクのような専門向けでなくて一般向けに書かれた記事からでも十分入手できるので是非、活用して頂ければと思う。
 いずれ、自分は関係ないと思っていたら加害者になってしまった、という実例もある。重ねてセキュリティは日ごろの心がけでかなりリスクを減らすことができる。そもそもそういうメールが無ければ、とも思うがそれはコントロールできない話。逆に対策できる部分をキッチリやっていくという対応が極めて健全で建設的だと考えている。
<参考リンク>
■人の心理の隙を突く攻撃手口と5つの対策 | トレンドマイクロ is702
以上

お問い合わせ先

■夜間・休日の故障は
○電機に関する事
 TEL 019-636-3262
○通信に関する事
 TEL 019-636-3264

■メールでのお問合せ
こちらからお願いします

■本社
〒020-0878
岩手県盛岡市肴町9-15
TEL 019-625-1551(代表)
FAX 019-625-1557

■技術センター
〒020-0837
岩手県盛岡市津志田町1-1-50
TEL 019-636-3268(代表)
FAX 019-636-3058

■八戸支店
〒031-0001
青森県八戸市類家4丁目1-20
TEL 0178-45-1870(代表)
FAX 0178-45-1871

■青森営業所
〒030-0853
青森県青森市金沢3丁目24-17-102
TEL 017-718-5665
FAX 017-718-5664

■仙台営業所
〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町1丁目4番1号3階C室
TEL 022-721-7552
FAX 022-721-7552

インターネット セキュリティ ナレッジ is702