新着NEWS

【2021/11/30 #maruden_eye 着るこたつ】

 工事業界であればお世話になっている方も多いと思われるワークマン。これまでになかったようなデザイン性のある作業着で、普段着としても着られるということで多くの支持を集めている。
 そのワークマンさんから、冬用に出てきたのが「着るこたつ」こと「ヒーターウェア」。電池を接続することで、縫い付けられている電熱シートが温かくなり保温してくれる、というもの。
 記事中ではできればモバイルバッテリーに対応してほしいという要望を出している。どうやら、そういうタイプの既製品もあるようだ。この辺は熱が出たりするものなので、高い安いの前に安全性、と感じてしまう。
 いずれ、ここから冬シーズンも本格化。外現場は更に厳しくなってくる。こういうアイティムでも歯が立たない現場もあろうが、街中であれば、若干なり保温には役立つかもしれない。
<参考リンク>
■ワークマンの「着るこたつ」、温かさは満足も専用バッテリーに不満 – ITmedia NEWS
以上

【2021/11/16 #maruden_eye 現代の若者について】

 「最近の若い者は。」というセリフは古今東西聞かれるものの一つ。定期的に採用が無い中小零細企業の皆様にとっては、皮膚感覚でわからない部分が多い、という方もいらっしゃるかもしれない。
 参考リンク先は公益財団法人ハイライフ研究所。特にも社会に焦点をあてて様々な研究をされている団体なのだが、ここのレポートで興味深いものがあったのでご紹介したい。曰く、現代若者研究 だ。
 リンク先を見て頂くとわかるのだが、興味深いトピックが並んでいる。今回開いてみたのは、「典型的なタイプ<男性編>」。こちらによると、大体4つに分類できるそうだ。熱血型、安定型、不安型、淡々型なのだそうだ。他の年代と相対評価した資料でもないので、この年代がどういう年代か、というのにはちょっとエビデンスが足りない気もするが、少なくとも、私たちが若いころに比べると、様々なスタンスが許容される時代にはなってきているようだ、という印象はある。
 もちろん、若者たちが見れば、こんな4種類に分けるなんて乱暴だ、であるとか、自分はどれにもはまらない、とか、逆に、30代から50代の傾向を知りたいという方まで居るだろう。そういう意味では言い始めるときりがないこの手の話ではあるが、個人的には少し前向きに捉えて相互理解の第一歩くらいに捉えればよいのではないかと感じている。
<参考リンク>
■公益財団法人ハイライフ研究所|連載中レポート – 『現代若者研究』メルマガ版
以上

【2021/11/09 #maruden_eye 物の写真を見栄えよく】

 SNSをビジネス利用される方であれば、ほとんどの方が「物写」を経験したことがあるのではないだろうか。
 ライティングやカメラなど気を使うことは様々とあるのだけれど、商品の印象に大きく関係してくるのがバック。これは相当、撮影されたモノの印象を大きく変えてしまう。
 自分もいわゆる商品の写真を撮ったことがあるのだが、会社の机の上に置いて撮影してみるとどうにもしまらなかった経験がある。
 先週に引き続きELECOMのこのシート。こういう時代にあわせて、カラフルだったり、すこし模様が入ったようなA3・大判サイズのもので、モノの写真を撮影する際にモノの下に敷いて撮影をする。そうすると不思議なほどバエえるのだ。
 投資額としてお試しで割り切れる程度。是非、思い当たることがある方はご活用頂ければと思う。
<参考リンク>
■Flat Lay Sheet(フラットレイシート) | #置き画がキレイに映える背景シート
以上

お問い合わせ先

■夜間・休日の故障は
○電機に関する事
 TEL 019-636-3262
○通信に関する事
 TEL 019-636-3264

■メールでのお問合せ
こちらからお願いします

■本社
〒020-0878
岩手県盛岡市肴町9-15
TEL 019-625-1551(代表)
FAX 019-625-1557

■技術センター
〒020-0837
岩手県盛岡市津志田町1-1-50
TEL 019-636-3268(代表)
FAX 019-636-3058

■八戸支店
〒031-0001
青森県八戸市類家4丁目1-20
TEL 0178-45-1870(代表)
FAX 0178-45-1871

■青森営業所
〒030-0853
青森県青森市金沢3丁目24-17-102
TEL 017-718-5665
FAX 017-718-5664

■仙台営業所
〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町1丁目4番1号3階C室
TEL 022-721-7552
FAX 022-721-7552

インターネット セキュリティ ナレッジ is702