新着NEWS

お知らせ

【2019/09/17 #maruden_eye 今更ながらVLANの話】

今回は企業ネットワークでも使われる事が多くなったVLANについて、とても分かりやすい記事が掲載されていたので、今更ながら、という感じもあるが紹介したい。

VLANとはバーチャルLANの略。これだけでは何だかわからないので、利用シーンをイメージした方が分かりやすいだろう。例えば職場内に営業部・総務部・技術部、という三つの部があったとする。各々の部では、他部と共有しなくていい情報のほか、共有できない情報、例えば総務の持っている人事情報など、もある。一方で全体で共有したい情報、プリンターやインターネットも共有したい、というニーズがあったとする。

 大抵の場合、上記のようなニーズはあっても、お金もかかるしネットワークも複雑になるから、という理由で、運用ベースで、このフォルダは見ないでください、というような事にしていたり、性善説にたった対応がとられる訳だが、こういう要望をネットワーク技術の観点から解決できるのがVLANだ。

8ポートのスイッチをであれば、1-2は共有、3-4は営業、5-6は総務、7-8は技術、のように、ここはOK、ここはNGと、ポート毎にアクセスする人たちを管理できたりする。これは設定ですぐに変更が可能なので簡単に変更もできる。
セキュリティ・ニーズが高まる昨今、それほど単価も上がらないので、企業や組織がネットワークの機器を買うなら、使用の有無は置いておいて、VLAN対応のものを用意する事をお勧めする。

<参考リンク>
■シオラボのネットワーク技術コラム第6回 「VLANを理解する」 | ヤマハ・ネットワーク製品と事例のお知らせサイト
https://router-switch-jirei.jp/archives/1937

お知らせ

【2019/09/10 #maruden_eye テレワークを徹底した先には】

働き方改革で注目を集めているテレワーク。テレワークという言葉は様々な解釈もあろうが、ここでは、会社に出ることなく仕事をするような働き方の総称として使う。

先日、面白い記事を見たのでご紹介したい。これは、PCメーカーのレノボの話なのだが、東京五輪期間中は、全社一斉にテレワークを実施する、というもの。表現を変えれば、東京五輪期間中は全社員が会社に出社することなく働く、という事になる。
もちろんレノボはテレワークの主要端末であるPCのメーカーなので、出来ませんとは言えない立場。しかし、今回の場合は全社員2000人規模19日間という実施内容。限られた部署の限られた方がテスト的に1日、2日やってみました、というのとは質が全く違う訳である。

 正直、このレベルでのテレワーク実施を聞いたことが無かったこともあってかなり驚いた。テレワーク推進のコア企業であるとはいえ、率先垂範のレベルが凄い。自分たちが働き方改革だ、テレワークだと、商材として扱っているのだから、自分たちがやらないでどうする、というような、そういうメーカーとしての矜持というかエネルギーを感じる。

この記事、最終テレワークが進んでいってもう会社に行かなくても仕事になる、となった際に、レノボさんとして、そうなった際に会社に行く意味は何ですか、との問いに対して答えているのだが、それがまた頷ける。気になる方は是非ご覧になってみて頂ければと思う。

<参考リンク>
■東京五輪期間中に全社一斉「テレワーク」を実施…先進的なレノボにあえて“会社に行く意味”を聞いた | FNN.jpプライムオンライン
https://this.kiji.is/518619661391742049?c=220450040231249399

Facebook

【2019/09/03 #maruden_eye スマートロックのスマートではない使い方】

【2019/09/03 #maruden_eye スマートロックのスマートではない使い方】

 最近、後付けのスマートロックが注目を浴びている。スマートロックとは、例えば自分が持っているスマホなどが自分の家の鍵になる、というようなもの。大抵、スマートロック自体がクラウドに直結していて、ネットを経由して認証する事で鍵の開閉をする仕組みだ。

 このスマートロック、防犯+ネットワーク、という事で当に21世紀ならではの仕組みだと思う。使い方によっては、例えばシェアオフィスや時間貸しの会議室のドアの開閉の際にも、このクラウド上の管理画面から、一時的な鍵を発給したりできるために、従来の物理的な鍵が伴う管理よりもより柔軟な運用ができる。

 しかし、一方で弊害というか、ならではの話も出てくる。例えばスマホを忘れたまま、外出しスマートロックが自動でロックをしてしまった場合、このスマートロックを開けるために滅茶苦茶大変な思いをする、などというエピソードが出てきている。
 例えばスマートロックを前提としたマンションなどであれば管理会社がマスターキー的な権限を持っている、などは考えられるが、自分たちで後付け施工した場合は、この救済措置も無い。

 結果としてスマートロックに自らが締め出される、という何とも笑えない話が、昨今聞こえてきている。
 参照リンクでは、当にそんな憂き目にあった方々の体験談である。面白おかしく書いてあるが、自分が同じ立場だったら本当に途方に暮れるだろう。お時間ある際にでもご覧頂ければと思う。

<参考リンク>
■スマートロックに締め出され、東京で朝までスマホも財布もなしでサバイバルした話 | ライフハッカー[日本版]
https://www.lifehacker.jp/2019/07/193652-smartlock-lock-out_gizmodo.html

お問い合わせ先

■夜間・休日の故障は
○電機に関する事 
 TEL 019-636-3262
○通信に関する事 
 TEL 019-636-3264

■メールでのお問合せ
 こちらからお願いします

■本社
〒020-0878 
岩手県盛岡市肴町9-15
TEL 019-625-1551(代表)
FAX 019-625-1557

■技術センター
〒020-0837 
岩手県盛岡市津志田町1-1-50
TEL 019-636-3268(代表)
FAX 019-636-3058

■八戸支店
〒031-0001 
青森県八戸市類家4丁目1-20
TEL 0178-45-1870(代表)
FAX 0178-45-1871

■青森営業所
〒030-0853 
青森県青森市金沢3丁目24-17-102
TEL 017-718-5665
FAX 017-718-5664

インターネット セキュリティ ナレッジ is702