この度の「令和2年7月豪雨」により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

皆さまの安全と被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

新着NEWS

お知らせ

【2020/08/25 第1回河南地区まちづくりシンポジウム LIVE配信実施について】

去る20年7月22日(水)盛岡市の盛岡劇場におきまして「第1回河南地区まちづくりシンポジウム かなかな会議vol.1」が開催されました。
本イベントは新型コロナウイルス対策のため、会場の入場数に上限を設けざるをえず、その為に本来見たかったのに入場できなかった方に、同時刻にご覧頂けるような環境を作るということで急遽、LIVE配信が実施決定されました。
弊社は本LIVE配信のLIVE配信システムの企画・構築、通信回線確保を担当致しました。
配信システム構築においては、実務を担当された株式会社g.plus様と連携し、弊社取扱メーカーであるATENジャパン様( https://www.aten.com/jp/ja/ )、AXIS Communications様( https://www.axis.com/ja-jp )に機器協力を頂き、実現にこぎつけました。
当日はもちろん無事にLIVE配信を実施し、会場の参加者を超える閲覧があったとのことで一安心しております。
尚、本イベントでのLIVE配信については、ATENジャパンさんにて導入事例ケースとして取り上げられております。是非、こちらもご覧いただけますと嬉しいです。
新型コロナウイルスの中ではありますが、弊社の技術を通じて、地域における非常に大事なイベントに貢献することができ、大変嬉しく思っております。
今後も、社員一同、地域の皆様に様々な価値を提供できるよう精進してまいります。
■ATENジャパン 導入事例 | コロナ渦で必須となったライブ配信環境の構築
■今回使用した機器等のご紹介
〇ATENジャパン
・LIVE配信機材 UC9020
・30メートルHDMI 2L-8P030
・20メートルHDMI 2F-7D20H
〇AXIS Communications
・AXIS V5915 PTZ Network Camera
以上
maruden eye

【2020/08/18 #maruden_eye Zoomを心地よく使う その2】

今回もZoomの話。こちらはZoomを活用したオンライン朝の会を行う、という記事だ。それこそ緊急事態宣言が出されていた時期は登校もままならず、かといってオンライン授業の準備なども全く出来ていないまま新学期を迎えるという経験したことない事態を、学校現場は経験した。

結果として、もう使えるものは何でも使っていこうというある種の達観が現場にもあったのかもしれない、それまでであれば、生徒の環境が各家庭で違う、など様々な話が出て実施しない方へと議論が流れていくことも多かったと思われるのだが、今回はそれとは違う、子供たちに学びを届ける、というそういう決意を感じ頼もしかった。

 そういう、当に要に迫られた現場からのレポートは学ぶ部分が多い。何のためにZoomの朝の会をやるのか、目的意識を持つ。後ろにご家族がいることを意識する。
音についても今回も記述があった。人数が多い分、一斉にしゃべりだすと訳が分からなくなるので、先生は全員ミュートを活用する。しかし、ミュートにする前に生徒にその旨伝える、など、場をコントロールしながら子供たちのやる気を引き出していくノウハウが詰まった内容になっている。

もう下手をするとビジネスパーソンよりもこの手のツールの扱いに慣れてきている子供たち、という印象すらある。いずれここで得られた経験や見地は共有されて、今後に是非、生かされてほしいものだ。

<参考リンク>
■Zoomを活用したオンライン朝の会、進行のポイントは?【公立小学校での実践事例】 (1/2):EdTechZine(エドテックジン)

https://edtechzine.jp/article/detail/3859

以上

maruden eye

【2020/08/11 #maruden_eye Zoomを心地よく使う】

Zoomは今回の新型コロナウイルス対策で飛躍的に認知度が高まったツールの一つと言っていいだろう。正直今年の1月くらいは名前だけは知っているという人もぼちぼちいる、という程度だったのが、今では、ビジネスパーソンであれば一度は記事などで見たり、使ったという方も多いように感じている。

認知度も上がり利用者が増えてくると、今度は使いこなすというところの話になってくる。これは、もちろん提供サービスの機能に依存する部分も大きいのだけれど、一方で使う側の工夫でコミュニケーションの質が格段に向上する、というようなものでもある。

 今回の参考リンクは、とある記者さんが取材活動の中でZoomを利用して感じた部分の話。なので、記者会見的な場面の話が多いのだけれど、成程と参考になる記述も多い。
例えば、質問をZoomのチャットではなくて音声でのやりとりとした、など。これなどは当にやってみると分かるのだけれど、ライブ感が全く違う。
そしてもう一つは、音声の部分が挙げられていた。これは私たちのコラムでも何度か話に出ているが、Zoomなどのリモート会議は画像はともかく、音がクリアに伝わるかどうかで満足度が全く違う。ここは費用のかけどころなのだ。

まだまだ、こういう成程なポイントはあるはずで、確り共有してコミュニケーションの質を高めていきたいものだ。

<参考リンク>
■記者が体験した、Zoom発表会のベストプラクティス (1/5) – ITmedia ビジネスオンライン
https://www.itmedia.co.jp/busine…/articles/…/27/news038.html

以上

お問い合わせ先

■夜間・休日の故障は
○電機に関する事
 TEL 019-636-3262
○通信に関する事
 TEL 019-636-3264

■メールでのお問合せ
こちらからお願いします

■本社
〒020-0878
岩手県盛岡市肴町9-15
TEL 019-625-1551(代表)
FAX 019-625-1557

■技術センター
〒020-0837
岩手県盛岡市津志田町1-1-50
TEL 019-636-3268(代表)
FAX 019-636-3058

■八戸支店
〒031-0001
青森県八戸市類家4丁目1-20
TEL 0178-45-1870(代表)
FAX 0178-45-1871

■青森営業所
〒030-0853
青森県青森市金沢3丁目24-17-102
TEL 017-718-5665
FAX 017-718-5664

■仙台営業所
〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町1丁目4番1号3階C室
TEL 022-721-7552
FAX 022-721-7552

インターネット セキュリティ ナレッジ is702