新着NEWS

お知らせ

【2020/02/18 #maruden_eye 対策に対策を重ねていく】

こちらでは、弊社の事業ドメインである防災・減災、インフラ構築、生産性向上支援、について関係する情報を紹介しています。

今日は、昨年の台風19号に絡んで出ていた記事をご紹介。詳しくは参考リンクをご参照頂きたいのだが、ダムや堤防というハード対策だけでは被害を防ぎきれない、という事が分かってきたので、避難対策をしっかり立てて補完しようというもの。
本当にその通りだと思う。○○があるから安心だ、と考えること自体、リスクを高めてしまう、という事を意識しておくべきだ。

 しかし、一方でこのような議論をしていると、例えば今回のケースで言えば、では、堤防もダムも意味がないのでお金を掛けない事にしては、という意見が出てくる場合もあるが、それは運を天に任せるようなものだ。
考え方としては、ダムや堤防を設置、加えて住民の避難計画を策定、避難訓練も定期的に実施する、そして、これらを要避難者へ伝えられる仕組み、防災無線、ラジオ、SNSなど、使えるものは何でも使って伝えていく。こういう対策を重ねることで、リスクをコントロールしていく、という話なのだ。

この記事のポイントは、ハードでの防災には限界があるからしない方がいい、という事ではなくて、限界を知りつつ、ハードを超える部分をソフトやその他のハードで補完してく事が大事だ、という考え方の点。これは全てのセキュリティ管理に通じる話だ。

<参考リンク>
■堤防・ダム、能力に限界=政府、決壊箇所分析へ-避難対策で補完も | NEWS & TOPICS | http://xn--pckta0mo87ok06a.com/

(リスク対策ドットコム) | 新建新聞社
https://www.risktaisaku.com/articles/-/20807

以上

お知らせ

【2020/02/11 #maruden_eye 人のやる事ですから】

情報社会になって加速度的に増えてきているのが情報漏えい。1企業から漏れ出る個人情報の数は何百万件という単位になったりするものだから、もう、ネットに何か入力する際には漏れる前提、と覚悟するのが正しいとすら思う。

プライベートで被害に遭った、という方もいらっしゃるかと思うのだが、今日取り上げるのは、情報を漏えいさせてしまう組織側の話。なんで、そもそも情報漏えいが起きるのか、その対策方法は無いか、という点。

 詳しくは参考リンクをご覧頂きたいのだが、原因に関していえば7割が運用上のヒューマンエラー。そして、残り3割が不正アクセス、盗難など。つまり、運用上のヒューマンエラーをどうやって減らしていくのか、とういのが、情報漏洩対策の大きい焦点の一つである。
単純には、ルールを決めながら、最悪、ルール違反が起きた場合にサブで働く仕組みをツールとして入れておく、というのが対策方向になるかと考える。ルール上はUSBメモリに重要なデータを入れない、サブとしてツールで自動暗号化をしておく、というような形である。

いずれ対策にかかるコストは、圧倒的に起こる前に実施する方が安くつく。勿論それでも起こるときは起こるのだが、そのリスクをどれだけ小さくできるか、つまりリスクを管理していくというのが、この手の話の考え方の大事な所だと考えている。

<参考リンク>
■企業の情報漏えいの事例から学ぶ、原因と対策 | WORKSTYLE SHIFT
https://bit.ly/31NCDz8

以上

お知らせ

【2020/02/04 #maruden_eye テレワークにおけるセキュリティ考】

今年度はだいぶ、働き方改革なる言葉を聞いた。その際に出てくるのがテレワークという言葉である。

テレワークとは離れた場所で働く意味。テレ=離れた所、ワーク=働くをくっつけた造語なのだそうだが、テレワークと聞くとどうしても電話で何か話しながら働いているようなそういうビジュアルイメージを持ってしまう、という方も多く、他の表現が無いものか、といつも思う。

 さておき、テレワーク自体はあくまで手法なので実現したい何か、例えば従業員の就業満足度を上げよう、とか、効率化を図って生産性を上げよう、だとか、が別にある、という前提なのだけれど、手段の目的化が起きてしまってテレワークが目的になってしまうようなそういう錯覚も起きる。それだけに、導入した結果、何がどうなってほしい、というところをよくイメージして、そのイメージに近づけているか、チェックしていく事が大事だろう。

システム面で言えば、テレワークを実施した際に出てくるのはやはりセキュリティの話。この話を無視してテレワークを進めるのは、ある意味でライオンの檻に裸で入っていくようなものだ。
テレワークする、しない、によらずセキュリティ対策のポイントがしっかりまとめられている参考リンク、是非ご参照頂ければと思う。

<参考リンク>
■テレワークにおけるセキュリティの注意点と8つの対策 | トレンドマイクロ is702
https://www.is702.jp/special/3470/partner/80_m/?mkt_tok=eyJpIjoiTldNd016QTBZVGxsWW1FNCIsInQiOiJcL2ppSTVKN1wvRDdvUlZocVAxNUg3aDRRY2ZXZVJTQ1B0MzJCZjZ4MitPYUtOTHMwVE1LUjRtbW1IXC9KRk1vVEhRV1NNNFZob0l3dmFOYzNcL05CdVpVZGpTallhN3pcL3hKQ3JjWEs4Y1NUZlo0cmY4TUJjMHZMQWh3QW8xTEx5RWRzIn0%3D

以上

お問い合わせ先

■夜間・休日の故障は
○電機に関する事
 TEL 019-636-3262
○通信に関する事
 TEL 019-636-3264

■メールでのお問合せ
こちらからお願いします

■本社
〒020-0878
岩手県盛岡市肴町9-15
TEL 019-625-1551(代表)
FAX 019-625-1557

■技術センター
〒020-0837
岩手県盛岡市津志田町1-1-50
TEL 019-636-3268(代表)
FAX 019-636-3058

■八戸支店
〒031-0001
青森県八戸市類家4丁目1-20
TEL 0178-45-1870(代表)
FAX 0178-45-1871

■青森営業所
〒030-0853
青森県青森市金沢3丁目24-17-102
TEL 017-718-5665
FAX 017-718-5664

■仙台営業所
〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町1丁目4番1号3階C室
TEL 022-721-7552
FAX 022-721-7552

インターネット セキュリティ ナレッジ is702