【2017/10/24 #maruden_eye ノートPCの出力を世界へ発信してみる その1】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2017/10/24 #maruden_eye ノートPCの出力を世界へ発信してみる その1】
10月に紹介してきたHDMI関係の商品、これらを使用して一つのデモをしてみました。

構成図は添付の図のような内容です。左上のノートPCの画面を100メートル程度離れた場所で遠隔モニタリングしながら、この映像をYoutubeのライブストリーミングを使用してでブロードキャストする、というものです。

例えば大がかりなプレゼンテーション・発表会などの際には現実的に起きうる構成かと想定しています。

来週からこれらを実際に組んでためしてみたいと思います。

<参考リンク>
■ライブ ストリーミング入門 – YouTube ヘルプ
https://support.google.com/youtube/answer/2474026?hl=ja

【2017/10/17 #maruden_eye 電力を持ち歩こう!】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2017/10/17 #maruden_eye 電力を持ち歩こう!】
秋のキャンプシーズン満喫されている方もいらっしゃるかと思います。外で電源を使えればいいのに、と思った経験はだれしも1度くらいはあるはずです。

こちらのバッテリー ポータブル蓄電池 エナジー・プロ mini LB-200 は、ポータブルなのに、正弦波を出せる優れものの蓄電池です。正弦波対応なので、PCや精密機器をつないでもOKです。
しかもオプションに、ソーラーパネルもあり、停電時の電力利用をサポートします。

もちろん、これより大きいタイプの商品もありますが、何しろ、肩掛けで出られるという事と、電波の波形が正弦波という事で安心できること、7時間充電で200WH使用でき、電池の残量もビジュアルで確認することができます。
この200WHとは、200Wを1時間使用できる、というもので使用Wが少ないともっと長い時間、使用できます。他社さんの商品もありますが、この200WHというのがしっかり使える長さ、と感じております。

ビジネスでもパーソナルユースでもお勧めの商品です。

<参考リンク>
■ポータブル蓄電池 エナジー・プロ mini LB-200 | ミツイワ株式会社
http://www.mitsuiwa.co.jp/product/energy/lb-200/

【2017/10/10 #maruden_eye HDMIを無線で飛ばす】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2017/10/10 #maruden_eye HDMIを無線で飛ばす】
先週に続き、HDMIがらみでもう一つご紹介です。今度はHDMIを無線で延長しよう、というものです。

HDMIは大容量の情報をやり取りできるのですが、何しろ市場価格も高く、長距離を引き回そうとするとかなりコストがかかります。
また、HDMIの出力機器とモニターとのロケーションが離れている場合など、配線がかなり厳しい場合もあります。

そのような際に、TEHDWLEX150-VRは効果を発揮します。何しろ、ワイヤレスでHDMI信号を飛ばせる、というものです。しかも遅延が殆どない高品質での転送が可能となっています。

こちらも弊社で取り扱いがございます。是非ご相談頂ければと思います。

<参考リンク>
■TEHDWLEX150-VR ワイヤレスHDMI延長機
http://tecnosite.co.jp/ja/extender/152-tehdwlex150-vr-hdmi.html

【2017/10/03 #maruden_eye HDMI出力を画面に取り込む】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2017/10/03 #maruden_eye HDMI出力を画面に取り込む】
HDMIで出てくる情報をPCで見たい。こういうニーズに遭遇したことはありますでしょうか。

正直、普通のビジネスシーンではいらないような気もします。しかし、例えばHDMI出力を持っているカメラをリアルタイムで多くの人たちと共有したい、などのニーズがでた場合、どうしてもブロードキャストするのに一度、PCに取り込む必要があります。

もちろん、知識や高価な機材があれば出来るのですが、これを簡易に出来ないか、という事で、探してみたところ、ありました。

TEC社の「EzRecLN」という商品です。弊社でも取り扱いがございます。こちらを使いますと、専用のソフトでHDMIキャプチャした動画が見られます。また、このソフトからYouTUbeなどへのブロードキャストも可能です。

あ、こういう使い方は?と感じられた方は是非ご相談頂ければと思います。

<参考リンク>
■ライトニングケーブルキャプチャーBOX 【EzRecLN】
http://tecnosite.co.jp/ja/capture-box/19-tezrecln.html

【2017/09/26 #maruden_eye 壁の中身はなんじゃろな?!】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2017/09/26 #maruden_eye 壁の中身はなんじゃろな?!】
壁の中。工事業者にとっては、ある意味で見たいような見たくないような、でも壁を壊さずに中を見られるのであれば、絶対に見たい、というようなそういう悩ましい存在です。

そんな悩ましい工事業者の救世主となるのか、というようなギアが何とイスラエルで開発されたとのこと。デモのVTRもリンク先に設置してあるのですが、どうやら、壁の中にある配管などが見えているようです。

実際、どこまでの精度があるのか、どれくらいの太さのものを検出できるのか、など、かなり気になるところではありますし、しかも、これくらいの値段で拡張できるならば、品質を見極める意味でも試してみようかと思えるレベル。

残念なのは日本発売が無い、という事。ぜひぜひ、一度、この目で見てみたいものです。

<参考リンク>
■【悪用厳禁】壁の向こうを透視できる!ついにスマホ周辺機器もここまできたか ? DIGIMONO!(デジモノ!)
https://www.digimonostation.jp/0000101871/

【2017/09/19 #maruden_eye こういう商品もあったのね!】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2017/09/19 #maruden_eye こういう商品もあったのね!】
 結構、現場で目にするのが、LANケーブルの爪折れ、です。ブーツを履かせていたり、爪折れが起きにくい形状のチップもありますので、そういう場合は少ないのですが、実は一番普及しているスタンダードなチップは爪折れのリスクが高いです。

 特にも、レイアウトの変更などで、配線が何重にもなっているパソコン回りのケーブルを整理しようとして奮闘している時などに、爪折れは起こったりします。実際、爪折れしてしまったLANケーブルは使えない訳では無いのですが、問題はやはり抜ける、という事です。

 厄介なのは、ささっている感じに見えるのだけれども実は中途半端にしかささっておらず通信に障害をきたすケース。ネットワークが接続できないと連絡があり、お伺いしたところで、割とPC上で何をやってみてもダメで、ハードをチェックしていたら、あら、爪が折れてますね、というケースは、少なからずあります。

 誤って爪を折ってしまった。そういう時に、こういう補助商品があると便利ですね。あくまで、一時利用として、基本的には業者に頼んで首を付け替えるのがベターとは思います。

<参考リンク>
■LANケーブルのツメが折れても大丈夫! 被せるだけで復活する補修パーツが販売中 (取材中に見つけた○○なもの) – AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/1067591.html

【ご報告:弊社はこのたび、リクナビ2018に登録致しました】

投稿日: カテゴリー: Facebookお知らせ

【ご報告:弊社はこのたび、リクナビ2018に登録致しました】
弊社はこのたび、リクナビ2018に登録致しました。
電気技術者・通信技術者を募集中です。

私たちの仕事は民間施設や公共施設などの電機設備、インターネットや通信関連の設備など社会のライフラインを支える大切な仕事です。

新たな機器や技術が登場すれば、いち早く導入し便利で快適な生活や企業の経済活動、公共の安心・安全にとって欠かせない設備を、確実に実現するのが私たちの仕事です。

これら社会の根底を支える仕事だということに誇りを持ち、意欲的に仕事にのぞめるような、誠実な方のご応募をお待ちしています。

是非ご覧頂き、エントリー頂ければと存じます!

◆リクナビ 弊社ページ
https://r872012045.2018.r-saiyou.com/

【2017/09/12 #maruden_eye さよならWindowsペイント】

投稿日: カテゴリー: Facebook未分類

【2017/09/12 #maruden_eye さよならWindowsペイント】
 誰でも一度はお世話になったことがあると思われる、Windowsペイント。プリインストールが終了になるようです。

 お絵描き用のアプリとして、昔からプリインストールされてきたペイントでは、勿論、お絵描きをする、という事に加えて、プリントスクリーンを保存したり、トリミングしたり、という事を簡単にする場合にも、「あ、ペイントでいいや。」という風な感じで使われてきた、便利なソフトでした。

 ITメディアさんの記事を読むと、ペイント 3Dというのが後継になるようなのだが、見慣れたインターフェースは無くなっており寂しい限り。

 もちろん、無料のおまけソフトですから文句は言えないですが、歴の長いWindowsユーザーほど、何だか寂しく感じていらっしゃる事と思います。

<参考リンク>
■Microsoft、「Windows 10」の秋の更新で「ペイント」プリインストールは終了へ – ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1707/25/news050.html

【ご報告:盛岡バスセンター跡地 SIDE-Bへ協賛いたしました】

投稿日: カテゴリー: Facebookお知らせ

【ご報告:盛岡バスセンター跡地 SIDE-Bへ協賛いたしました】
本件、弊社本社があります岩手県盛岡市肴町の最寄りに盛岡バスセンターがあったのですが、昨年、解体され、非常に寂しい空き地になっておりました。

地元の肴町商店街、商店街青年部4S会、周辺地域の方々で協議会をつくり、SIDE-Bとして、普段は市民の広場に、そしてイベントスペースに使って地域を盛り上げていこう、という事でした。

何もない寂しさが、大きい可能性に思えるようになったSIDE-Bのプロジェクト、弊社も微力ながら協賛させて頂きました。
是非是非、楽しい方々が沢山集まってくるステキな地域になっる事を願っております。

【2017/09/05 #maruden_eye 買い替えのタイミングについて】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2017/09/05 #maruden_eye 買い替えのタイミングについて】
 今回は面白い記事があったのでご紹介します。ニッセイ基礎研究所さんのレポートで、使用年数が長期化する電化製品、というものです。内容については参考リンクをご参照願います。

 確かに以前に比べると物自体が中々壊れなくなってきて、販売側としては安定してお客様に使って頂けると喜ぶ一方、壊れない=中々買い替えが無い、という事で販売する側としては悩ましい問題でもあります。笑

 そういう事情を反映したい訳ではないのですが、実際のところ、買い替えのタイミングといえば機器が壊れた時、というのは結構多いです。しかし、ある意味でこの流れは全くよくないです。実際、業務を切らさないために納期が優先になること、加えて、納品までの間は確実に不便を強いられること、突然の大きい支出になる可能性があるのもその理由として挙げられます。

 加えて、例えば業務用のエアコンなどでも、20年、30年前の製品と比べますと、電気量が1/8程度にエコになっていたり、性能・機能も大きく上がっています。

 これらを勘案しますと、設備は基本的に計画して更新する、というのを是非、意識して頂くのがよろしいかと思います。

<参考リンク>
■使用年数が長期化する電化製品~買い控えはもったいない!?~ | ニッセイ基礎研究所
http://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=56176?site=nli&utm_source=RHL&utm_medium=email

【盛岡フラッグアート展 今年も楽しみです!】

投稿日: カテゴリー: Facebookお知らせ

【盛岡フラッグアート展 今年も楽しみです!】
毎年楽しみにしております、盛岡フラッグアート展。今年で第16回を迎えるそうです。
弊社も今年もご協賛させて頂きました。また、10月から1か月間、アーケードがアートで華やぐのを楽しみにしております。

【2017/8/29 #maruden_eye 1台をフルに使っていく】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2017/8/29 #maruden_eye 1台をフルに使っていく】
 普段私たちが何気なく使っているモバイル端末。デスクワークの方々にとって、モバイルのインタフェースは決して使い心地のいいものではないでしょう。(若者たちにとってはむしろキーボードより使い勝手が良いようです。笑)
 加えてデバイスが増えれば増えるほど深刻になってくるのが、データの所有方法。各端末で入っている情報が違う、というのは結構ありがちな話ではないでしょうか。

 HPから発売されているElite ×3 はそのような課題を解決してくれる可能性があります。基本はスマホ型のモバイル端末なのですが、例えばこれをオプションのノート型のインターフェースとリンクさせることで、ノートPCのようにしよう出来たり、デスクトップに繋がっているドックに差し込むとあたかもデスクトップのように使用できたりする、というものです。

 外出時はこの端末を持っていくだけでOK。データはすべてクラウド上で管理することを基本としています。ですのでONEドライブなどストレージが提供されているOFFICE365と連携させると更にハードウェアの特性を引き出すことができる、とのこと。

 確かに家に帰ってからのちょっとした作業(メール、ネット閲覧、少々の資料の直し)などこのような端末でよいのかもしれません。

<参考リンク>
HP Elite x3 PCタブレット – エリートビジネスノートブックとPCタブレット | 日本HP
http://h50146.www5.hp.com/3in1/elite_x3/

【2017/8/22 #maruden_eye お待ちのお客様にどう対応するか】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2017/8/22 #maruden_eye お待ちのお客様にどう対応するか】
 飲食店や病院など、どうしても出てくるのが「待ち」です。ひたすらに順番を待つというのはお客にとっても店にとってもつらいもの。この辺をどうにかして解消できないものか、という話は共通の悩みだと思います。

 リクルートが提供している「AirWait」というipad用アプリがあるのですが、このアプリ、何と無料でダウンロードして使う事が出来ます。発券用のサーマルプリンタは必要かと思いますが、これが4万円程度。基本的にはこれで始められます。

 アプリの「受付する」ボタンを押して人数を押すと、プリンタから整理チケットが発券されます。これには、整理番号とQRコードが印刷されています。このQRコードをネットで見てみると、現在、自分がお店側から呼ばれているかどうかが分かる、というものです。

 加えて、月額1万円、2万円のコースもあるのですが、これらのコースだと、お客様が電話番号を登録すれば、お店側から呼び出しした際に、自動で登録した電話番号に電話をかけてくれる、という機能も。(1回あたり通話料を負担する必要がある。)

 それにしても、簡易にシステムが組めて機能も豊富という事で凄いなと感心した次第です。

<参考リンク>
【Airウェイト – 受付・順番待ちシステム】iPad対応の受付管理アプリ
https://airregi.jp/wait/

【2017/8/8 #maruden_eye 身近なメールの総合対策に!】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2017/8/8 #maruden_eye 身近なメールの総合対策に!】
 今回はメールのセキュリティについて取り上げたいと思います。
 メールを受ける際の迷惑メール、ウィルスメール対策については様々な方法で進んできておりますが、今回のこの商品は、更に加えて誤送信、送付ファイルの暗号化など、およそメール関連で考え付く様々なセキュリティに対応した商品です。

 発売元のデジタルアーツさんは、i-filter(アイ・フィルター)というインターネットの利用を管理する仕組みで有名な会社です。子供などがいるご家庭では、既存のルーターについているi-filterの機能を使用している、というケースもあるのではないでしょうか。

 こちらのデジタルアーツさんが、メール向けに開発したのが、このm-FILTERという商品です。添付ファイルの暗号化、パスワードの送信、メール送信に上司の決済機能を追加する、などなど、本当にメールを官公庁、企業で使用する、というところを考え抜いて作られている商品です。

 決して安い商品ではないですが、確実なセキュリティが望まれる場所にはある意味、必須ではないか、と感じる機能の充実ぶりです。
 是非、気になった方は参考リンクをご参照頂ければと思います。

<参考リンク>
メールセキュリティ対策は「m-FILTER(エムフィルター)」|企業・官公庁のお客様|デジタルアーツ株式会社
http://www.daj.jp/bs/mf/

【2017/8/1 #maruden_eye 機器は規模に合わせたチョイスを】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2017/8/1 #maruden_eye 機器は規模に合わせたチョイスを】
 最近、弊社の取り扱い商品のご紹介が少なかったのと、展示会などが続いて様々、面白い商材が増えてきましたので、この辺で集中的にご紹介していきたいと思います。

 本日は、ウイルスバスターについて。トレンドマイクロ社のウイルスバスターはPCウイルス対策のソフトとしては本当に有名な商品です。弊社のお客様でも沢山の会社様にご利用頂いています。

 今回は、家庭向けに発売されたトレンドマイクロ社の「ウイルスバスター for Home Network」をご紹介します。こちらはいわゆる家庭用のUTM(Unified Threat Management)になります。様々なネットワークの脅威から家庭のネットワークを守る、というものです。

 すごくいい商品ではありますが、家庭向けなので、あくまで、2,3人、多くても4人程度がライトに使うイメージで商品開発がされています。これを安いからという理由で、これ以上の規模の事業所などが採用した場合、処理遅れが発生するなど、別の問題が発生する可能性もあります。

 どんなに良い商品でも適正な規模で使わないと力を発揮出ません。どういう商品が適切なのか。是非、弊社にご相談頂ければと存じます。

<参考リンク>
ウイルスバスター for Home Network – トレンドマイクロ
http://safe.trendmicro.jp/products/vbhn.asp

【2017/7/25 #maruden_eye 自作IoTでライトをONにしよう!】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2017/7/25 #maruden_eye 自作IoTでライトをONにしよう!】
 IoT(Internet of Things)という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。しかし一方でいまいち実感がわかない言葉でもあるな、とも思うのです。
 そんな貴方に、バリバリIoTを実感できる記事をご紹介いたします。

 面白い記事を提供してくれているのはBuffaloさんのFBページ。突っ込んだ記事が多くて気に入っているFBページの一つなのですが、今回は、ラズベリーパイ2の組み上げから、IoT活用まで、と壮大な連載になっています。

 参考リンクでは、その最後のIoT活用の部分をリンクしています。自分で組んだパソコンとスマホを連動させて、遠隔でライトを制御しよう、という試みです。

 実はこの電源のOn、OFFが出来ただけでも相当なことが応用できるのでは、とワクワクしますね。ちなみにラズベリーパイ2などは、盛岡であれば八幡町の8bit( https://www.facebook.com/8bit.iwate )
さんで購入可能です。

<参考リンク>
■自宅のライトをスマホでオン!「玄人志向 自作IoTプロジェクト」応用編
https://goo.gl/47k556

【2017/7/18 #maruden_eye メガネの人もできるウェアラブル】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2017/7/18 #maruden_eye メガネの人もできるウェアラブル】
 たまに何だかとっても面白い商品が掲載されている、サンコーレアモノショップ。今回もそこから面白い商品を見つけてきました。

 参考リンクにリンクしたのは、メガネ装着用カメラ「メガネni付け撮~る」 。何と今は完売してしまっているようです。
 しかし、こんなお手頃な価格のウェアラブルデバイスが巷に出てきている、というトレンドは是非おさえておきたいところ。

 ちなみに、このカメラ、720Pで30fpsと結構本格的。コーデックは残念ながらMotion-Jpegという事で、この辺、H.264などに対応できると録画時間はもっと伸びる事でしょう。

 今、発売終了という事なので、パワーアップした「メガネni付け撮~る」再販を期待したいと思います。

<参考リンク>
■メガネ装着用カメラ「メガネni付け撮~る」 | 完売商品 | サンコーレアモノショップ
http://www.thanko.jp/shopdetail/000000002458/

【2017/7/14 #maruden_eye オフィスのデジタル機器の暑さ対策】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2017/7/14 #maruden_eye オフィスのデジタル機器の暑さ対策】
暑いですね!こういう時は人間だけでなく、防犯カメラの録画機、パソコン、NAS、スイッチなど、オフィスにある様々な機器にとっても厳しい動作環境です。

これらの機器を長持ちさせる、正常に運転させるために、以下の事にぜひ気を付けて頂ければと思います。

1.直射日光があたっていないか
2.機器周辺やファンの通気口に埃がたまっている、物がおいてある
3.機器設置のスペースは十分にとれているか?

つまり、機器回りをすっきりさせて風通しを良くしすこしでも温度が上がらないように気をつけましょう、というものです。

中々デスクワークも集中できないときにでも、機器の設置環境、一度、様子をご覧頂ければと思います。

【2017/7/11 #maruden_eye 家にある海外の小銭が今後は減りそう】

投稿日: カテゴリー: Facebook

【2017/7/11 #maruden_eye 家にある海外の小銭が今後は減りそう】
 昨今、電子マネーはどんどん社会に定着していて、逆に使えない場合など、ちょっと困ったりするケースも出てきているほどに都会では馴染んでいます。

 TABI LABOさんの記事で、海外から帰ってきた際に余剰現金を電子マネーに両替してくれる自動機というのが作られた、という話が出ていましたので、参考リンクにご紹介します。

 更に一歩進めばビット・コインなど、そもそも両替が必要なくなる世界がすぐそこまで来ているようにも思いますが、一方でこういうアナログ+αな部分が、現実的にはまだまだ重宝されるとも思います。

 この「おつり」を使って行う様々なサービス、例えば、それを寄付につかったり、投資に使ったりなどなど、を考える方々も増えてきているようで、本当に面白いです。

<参考リンク>
海外へ行く予定がある人には、絶対に知っておいてほしいサービスです。 | TABI LABO
http://tabi-labo.com/280781/pocket-change?ref=fbpage