【2021/09/14 #maruden_eye 不正ログインの自衛策】

投稿日: カテゴリー: maruden eye
 先週に引き続きis702より。今回は不正ログインについて。記事にもあるが、クラウド上のサービスを利用する頻度は上がってきており、これに伴って不正ログインの問題は極めて重要な対策事項となっている。
 基本的な手口としては、前回のような迷惑メールなどについてくるURLから、偽サイトに誘導して、そこでIDとパスワードを入力させて奪う、というもの。
 前回ご案内した通り、極力、メールについているURLをクリックしないように習慣づけるという話はあるのだが、文中にもある荷物の不在案内であるとかは、思わずクリックしてしまうケースもありえる。それだけ仕掛けも巧妙になってきている。
 気になる対策について、5つの例を挙げている。もちろん、メールに添付されたURLを不用意に開かないという事に加え、最悪、パスワードが漏れた場合にも被害を最小限にするために、サイトごとにパスワードを変える、二要素認証を入れる、などが記載されている。
 また、攻撃者に余計ない情報を与えない為にも、SNSでは個人情報と勤務先の内部情報などが特定できる、関連付けできるような情報発信は控える、使わなくなったサービスはこまめに解約していく、などがあげられている。
 どれも言えばその通りな対策。なかなか、分かってはいるがやっていない、というケースもありそうなので、まずはできるところから徐々にでも着手していきたい。そのことで、何もしていなよりは余程、セキュリティ度が上がる為だ。
<参考リンク>
■インターネットサービスの不正ログイン事例と5つの自衛策 | トレンドマイクロ is702
以上

【2021/09/07 #maruden_eye Amazonからの通知を装うメール】

投稿日: カテゴリー: maruden eye
 最近、よく見かける迷惑メールの中にAmazonプライム会費のお支払いに問題があります、というものがある。is702でも取り上げていたのでこちらでもご紹介したい。
 Amazonといえば相当に多くの方が使われており、最近ではビジネスアカウントもあることから、企業として利用されている、という方もいるのではないだろうか。そのAmazonからのメールということで、いったい何だろうと思ってメール自体を開けてしまった、という人もいらっしゃるのではないかと思う。
 最悪、メールを開けてしまったとしても、URLをクリックしなければセーフというケースもある。状況が厳しくなるのは、URLをクリックしてしまった場合。詐欺サイトにアクセスさせられたりするケースもある。
 不安になるような表題、文面が記載されているものは反射的に文中のURLをクリックしたくなるが、そこは落ち着いて自分のブックマークからAmazonなりを開くようにしたい。
 アカウントや支払いに問題がある場合、ブックマークから開いても状況は確認できる。むしろメールについている詐欺サイトへつながるURLをクリックしないためにも、これは習慣づけていきたいところ。
<参考リンク>
■【注意喚起】「プライム会費のお支払い方法に問題があります」Amazonからの通知を装う偽のSMSに注意 | トレンドマイクロ is702
以上

【2021/08/31 #maruden_eye 休みの使い方】

投稿日: カテゴリー: maruden eye
 先週に引き続き、集中力について。今日は最終回、休みの使い方について。
 まず大前提として休みの日の使い方については、個々に変わってくる、という事をこの文章では言っている。何が変わるかというと、ONとOFFを上手に切り替えられる人もいれば、完全OFFにしてしまうと仕事モードに復帰するのに大変だ、という話。
 もちろん、休みは大切で疲れやストレスを抜いていくのは、これもビジネスパーソンの仕事のうち。しかし、人によって効果的な休みの取り方は変わってくる、という事だ。
 休みの日の事までとやかく言われたくない、と感じる方もいらっしゃるだろうが、サザエさんの歌を聞いたら明日に向けて気持ちを作っていく、ではないが自分なりの再起動のルーティンを持っておくことは非常に有効だろう。
 いずれペース化してしまうことが大事、という事で、それはコンディションを整える上で非常に納得できる。
<参考リンク>
■集中力が高まるのは午前中 勝負の時間は無駄にしない|NIKKEI STYLE
以上

【2021/08/24 #maruden_eye 雨の日は気を付けよう】

投稿日: カテゴリー: maruden eye
 先週に引き続き、集中力について。知っているのと知らないのとでは仕事の効率に影響する話なので、確り取り上げていきたい。
 今回は、雨の日の集中力について。ただでさえ雨の日は出勤時から精神的にも肉体的にも疲労するもの。コンディションが上がらない中でどうやって集中していくかはビジネスパーソンにとっては大きい課題だ。
 こちらの文章では、普段通りの動きに無理に合わせようとしない、という事を提案している。つまりコンディションがあがらない中で無理をすると怪我をしたり思わぬミスをしたりするので、雨の日などコンディションがあがらない日はその日なりのペースで物事をおこなうべし、ということ。
 具体的なドバイスとしては、時間単位を通常の90分から、短くすること。そしてこまめに休憩をすることで、短期集中を何度も作る、というような工夫をする、とのこと。
<参考リンク>
■集中力が高まるのは午前中 勝負の時間は無駄にしない|NIKKEI STYLE
以上

【2021/08/17 #maruden_eye 集中力を発揮する為の時間単位】

投稿日: カテゴリー: maruden eye
 先週に引き続き、集中力について。知っているのと知らないのとでは仕事の効率に影響する話なので、確り取り上げていきたい。
 今回は、集中するための時間単位、というもの。前回は、人間の集中力は午前中に高まる、という話だったのだが、そもそも人間の集中力は90分程度が限界。これを超えると維持が厳しくなってくる。
 であるから、最初から90分1ユニットにしてスケジュールを考えていく、という事が非常に重要である、というのは成程なと感じるところ。社内の資料整理や作業などの際には、何となく午前中は、という大雑把な括りで考えているところだが、90分にフィットするように作業も分割して考えた方がより効率もよく効果も高いという事。
 90分で一単位を意識しつつ、仕事のスケジューリングをしていく。これを意識的にしていく、というのがポイントだ。
<参考リンク>
■集中力が高まるのは午前中 勝負の時間は無駄にしない|NIKKEI STYLE
以上

【2021/08/10 #maruden_eye 午前中に集中して仕事しよう】

投稿日: カテゴリー: maruden eye
 Windows11の渋いネタが続いてしまったので、今月は多くの方に関係するようなネタを取り上げていきたい。今月のテーマは集中力について。
 参考リンクに記載しているが、面白い文章があった。人間には集中力が高まる時間、というのがあるそうなのだ。詳しくは文章をチェック頂きたいのだが、これがズバリ午前中なのだ。
 文中では、集中力が高まる時間なので重めの仕事でもこなせる、むしろ創造力を発揮する事が求められるような仕事は午前中がベスト、とのこと。
 振り返り自分などは朝の一番いい時間をメールチェックなどの受け身な時間として使っていた。この辺は意識して取り組みたいところ。
<参考リンク>
■集中力が高まるのは午前中 勝負の時間は無駄にしない|NIKKEI STYLE
以上

【2021年 夏季休業のお知らせ】

投稿日: カテゴリー: 営業予定

平素は格別のお引き立てを賜りまことにありがとうございます。

弊社の夏季休業は以下の通りとなります。宜しくお願い申し上げます。

■休業日

休業日 8月13日(金)~8月16日(月)
尚、8月14日(土)、15日(日)は定休日となります。
8月17日(火)から平常通りに業務を開始いたします。

■夜間・休日の故障は
○電機に関する事  TEL 019-636-3262
○通信に関する事  TEL 019-636-3264

以上です。

【2021/08/03 #maruden_eye Windows11発表される その4】

投稿日: カテゴリー: maruden eye
 先週から引き続き、21年6月24日に発表されたWindwos11について。本日で最終回となる。
 選手はWin10からアップグレードできる端末について仕様をご案内したが、実際自分のPCは対象なのか、確信を持たれたい方もいると思う。
〇このPCはWindows 11にアップデートできる? Microsoftがチェックプログラム公開 – ITmedia NEWS
 こちらの記事をご覧頂きたいのだが、Microsoftが、現在使用しているPCはWin11にアップグレードできるか、という判定ソフトを公開している。もちろん無料だ。
 気になる方はこちらで試してみることをお勧めする。なぜかインストール形式になっているのが気になるところではあるが、まずは、Microsoftからの公式な公開ソフトなので問題はないと考えてよいだろう。
 いずれにしても、これで最後と思った乗り換え問題がこういう形で再登場することになるとは。今後の続報をフォローしていきたい。
<参考リンク>
■次世代Windowsは「Windows 11」Win10ユーザーは2022年から無償アップグレード – ITmedia エンタープライズ
以上

【2021/07/27 #maruden_eye Windows11発表される その3】

投稿日: カテゴリー: maruden eye
 先週から引き続き、21年6月24日に発表されたWindwos11について。
 本日はWindwos11にアップグレードできるPCのスペックについて取り上げたい。
・プロセッサー:1GHz以上、2コア以上、64bit互換プロセッサーまたはSystem on a Chip
・メモリ:4GB以上
・ストレージ:64GB以上
・グラフィックスカード:DirectX 12互換のグラフィックス/WDDM 2.x
・ディスプレイ:9インチ以上、HD解像度(720p)
・インターネット接続:「Windows 11 Home Edition」セットアップにMicrosoftアカウントとインターネット接続が必要
【詳しくは】Windows 11 の仕様 – Microsoft
 上記を見るだけでは、ミドルクラスのスペックを持っているPCであれば、何とかなるのではないか、と感じるのだが、Win7からアップグレードを経験しているPCは使用年数的にも買替のタイミングの可能性もある。
 いずれ、2025年10月まではWindwos10で問題ない。2024年あたりからWin10のときのようにWin11への乗り換え話を段取り、というところはチェックしておきたい。
 (もちろんそれ以前にWin11に乗り換える方々もいるとは思うが。)
<参考リンク>
■次世代Windowsは「Windows 11」Win10ユーザーは2022年から無償アップグレード – ITmedia エンタープライズ
以上

【2021/07/20 #maruden_eye Windows11発表される その2】

投稿日: カテゴリー: maruden eye
 先週から引き続き、21年6月24日に発表されたWindwos11について。
 一番気になるのは、Windows10を使用している方々がまた乗り換えをする必要があるかどうか、という点。記事を見ていくと以下の事が分かる。
・Windows10はサポート期限が公式にアナウンスされた(2025年10月14日)
・Windows11はWindows 10から無料でアップグレードできる
 ただしPCの要件を満たしている事
 少なくないユーザーがWindows7からWindows10への無償アップグレードを経験されている事と思う。イメージとしてはあのような形になるのではないかと想像される。
 アップグレードの際には、既存ファイルをそのままにするか、それとも削除しクリーンインストールするか、という選択肢があったように記憶している。
 次回はWindwos11にアップグレードできるPCのスペックについて
<参考リンク>
■次世代Windowsは「Windows 11」Win10ユーザーは2022年から無償アップグレード – ITmedia エンタープライズ
以上

【2021/07/13 #maruden_eye Windows11発表される】

投稿日: カテゴリー: maruden eye
【2021/07/13 #maruden_eye Windows11発表される】
 2021年6月24日、世界に衝撃が走った。何しろ、これが最後のメジャーアップグレードという触れ込みの元、導入が進められたWindows10の記憶がまだ鮮明残っている今、なんとWindows11が発表された為だ。
 正直、国内外のITベンダーは耳を疑いたくなるほどの衝撃だったのではないだろうか。弊社でも、Win7からWin10の乗り換えの際には、これが最後の乗り換えになります。あとは、Win10が更新されていくだけですので、とお客様にご説明していた。
 確かにあの時点、より具体的には2015年3月時点では、以下のようなことを言っていた。
〇Windows 10は最後のメジャーアップグレードになる?:Enterprise IT Kaleidoscope(1/2 ページ) – ITmedia エンタープライズ
 この文中で一番大事なのはここだ。「ハードウェア自体が壊れるまで新しいWindows 10を使い続けることができる。」これがあるからこそ、皆、納得せずとも理解は示し、乗り換えした訳である。それがここに来て、Windows11とは。
 いずれ、こういう表現が適切かどうかは別として、私たちもこの過去の発表との整合性が取れていないことについて、相当に困惑している状況ではある。
 来週もこの話題を取り上げたい。
<参考リンク>
■次世代Windowsは「Windows 11」Win10ユーザーは2022年から無償アップグレード – ITmedia エンタープライズ
以上

【2021/07/06 #maruden_eye ビデオ会議の画質をあげていく】

投稿日: カテゴリー: maruden eye
 随分と定着してきた感のあるビデオ会議だが、ビデオ会議ツールで有名なロジクールから、ビデオ会議で最高の画像を実現させる10のヒント、という資料が公開されていた。
 詳しくは参考リンク先をご参照頂きたいのだが、ポイントになってくるのは以下である。
・光の具合
・背景
・通信状況
・カメラそのもののクオリティ
 すぐに改善できるのは、背景だろうか。バーチャル背景を使っている人も多いと思われるのでそこまで気にしていない、という方も多いのではないかと思うが、逆にバーチャル背景がうるさくて集中できないという事もある。この辺は気を使いたいところ。
 それと光の具合は確かに映像のクオリティに大きく影響するポイント。もし一ランク上の画像にしたい場合は、この辺は投資対象になりえる。簡単なLEDライトでも目で見てわかる程度に質が向上するので気になる方は是非お試し頂ければと思う。
<参考リンク>
■最高の画質を実現する方法トップ10
以上

【2021/06/29 #maruden_eye 知っておきたいサイバー攻撃の基礎知識 その4】

投稿日: カテゴリー: maruden eye
 今回で4回目、この連載も終了になる。今回はSNSの利用について。元ネタはTrendMicroのis702。
 SNSにはかなり多くの情報が掲載されている。これは極めて個人的な情報から業務情報まで様々。今回はサイバー攻撃がテーマなのでこれに関連した情報という事で言えば、プロフィール情報、それから仕事がらみの情報、この2つについては、これらの情報収集を意図してSNSを使っている者がいる、ということを前提にしておくべき。
 またNDA(秘密保持契約)に引っかかるような事は当然NGだ。これらを意識した結果として、ついうっかりを避けるためビジネスパーソンのSNSは動物と食べ物の話が多くなるという事もあるようだ。
 いずれ、SNSは貴重な情報ツールであるから、使わないという手はない。しかし使うにあたっては、適切なプライバシー設定をする、また、大前提として不特定多数の方の目に触れるという事を肝に銘じて使うという事になろう。
 今回の記事は、利用者サイドの心がけでかなり防御度がアップする、という話。すぐにでも取り入れられるものばかりなので実践頂ければと思う。
<参考リンク>
■勤務先や取引先をサイバー攻撃から守るために身につけておくべき基礎知識 | トレンドマイクロ is702
以上

【2021/06/22 #maruden_eye 知っておきたいサイバー攻撃の基礎知識 その3】

投稿日: カテゴリー: maruden eye
 今回で3回目になる。今回はアカウントを安全に管理するポイントについて。元ネタはTrendMicroのis702。
 自社以外の他者が悪意を持って使用するということをシステムは基本的に想定していないので、業務用アカウントを乗っ取られた時点で相当深刻な被害が出ることを覚悟しなければならない。
 現在のシステムではアカウントはIDとパスワードの組み合わせで管理されていることが多いと思う。問題はこのパスワード。各々のサービスに対してパスワードを変えるのが望ましいのだが、これをやってしまうと管理がほぼ不可能ということで、かなりの方が共通のパスワードを使用されているのではないか。
 パスワードを各サイトごとに変える具体的な方法として以下の2つをご案内したい。
・パスワード管理ツールの使用
・パスワードルールの共通化
 パスワード管理ツールについては、その管理ツールがやられたらどうなるのか、という質問を受けることがあるのだが、端的に申し上げれば、同じパスワードを複数のサイトで使いまわすリスクよりは格段に安全、という事だ。
 セキュリティに絶対はない。あくまで現状や、何かと比較してどうかという相対論の中での選択となる。次週はいよいよ最終会。SNSについて触れる。
<参考リンク>
■勤務先や取引先をサイバー攻撃から守るために身につけておくべき基礎知識 | トレンドマイクロ is702
以上

【2021/06/15 #maruden_eye 知っておきたいサイバー攻撃の基礎知識 その2】

投稿日: カテゴリー: maruden eye
 前回から4回にわけて標記の件を扱っていく。今回はサイバー攻撃の起点として使われ安いメールに関する話だ。元ネタはTrendMicroのis702。
 先週、私たちユーザー側の心がけでかなり防御度があがる、と書いたが実際にどういう事に気を付けてていけばよいのか。
 記事では以下のようなことを挙げている。
・添付ファイル、URLを開かせようとするなど「何らかの行動を促すメール」は注意
・添付ファイル、URLは不用意に開かない
・OSやセキュリティソフトを最新に保つ
・いつもの口座と異なる口座への送金は至急・極秘でも社内ルール通り対応する
 上記を見てお分かりの通り、メールについてくる添付ファイル、URLは基本的に注意してかかるべきだ。何かしらの違和感を感じた場合は、直接、電話やチャットツールなど別の手段で相手に連絡するなどする。
 これをしただけでもかなり防御度が上がる。次週はセキュリティのかなめ、パスワードにつて触れていきたい。
<参考リンク>
■勤務先や取引先をサイバー攻撃から守るために身につけておくべき基礎知識 | トレンドマイクロ is702
以上

【2021/06/08 #maruden_eye 知っておきたいサイバー攻撃の基礎知識 その1】

投稿日: カテゴリー: maruden eye
 今日から4回にわけて標記の件を扱っていきたいと思う。今回は特にも自分の勤務先および取引先、お客様をサイバー攻撃からどうやって守っていくか、という視点だ。
 元ネタはTrendMicroのis702。
 まず、サイバー攻撃となった際に何故、勤務先のみならず取引先やお客様まで出てくるのか、と違和感を感じた方もいらっしゃるかと思う。ここが当にサイバー攻撃の怖さだ。
 つまり、自分が被害者から加害者になってしまう可能性がある。
 より具体的には、サイバー攻撃の多くはメールが起点となっている。つまり自分がサイバー攻撃に遭った場合、自分のメールソフトに入っている連絡先などが、次なる被害の対象になる、という流れである。
 このメールが起点となったサイバー攻撃に対して勿論、システム側でUTMなどを用意し備えるという事もあるが、私たちユーザー側の心がけでかなり防御度があがる。
 次週はこれについて触れていきたい。
<参考リンク>
■勤務先や取引先をサイバー攻撃から守るために身につけておくべき基礎知識 | トレンドマイクロ is702
以上

【2021/06/01 #maruden_eye 最近多いショッピングサイト関連の詐欺メール】

投稿日: カテゴリー: maruden eye
 メールを使っている方であれば必ず一度は見たことがあるのではないか、と思われるのがこのショッピングサイト関連の詐欺メールである。
 Amazon、楽天、この辺が多いかと思う。事実ユーザーが多いので詐欺したい人間からすればこの辺を騙ってメールする方が、他を騙るよりも効率がいい訳である。しかし、この2つのサイトについては本当に多すぎて正直困っておられる方も多いのではないか。
 対策としては、最近、周りの方にも勧めているのだが、メールについているURLは押さない、というのを徹底してくださいというもの。もちろん、これは先ほど登録したサイトのものだ、とか、見分けがつくものは別。申し上げたいのは、あれ?と一瞬でも頭の中に違和感があったものについて、という事である。
 殆どはURLさえ開かなければ被害が始まらないというもの。ついてはこの入口のところにとにかく、神経を使いたい。URLにオン・マウスして実際のリンク先のURLを確認すると、本来ならAmazonであれば***.amazon.co.jp となるところ、そうではないところが殆ど。 押したらどうなる、など好奇心など持たずすぐそういうメールは削除して頂ければと思う。
<参考リンク>
■【注意喚起】「プライム会費のお支払い方法に問題があります」Amazonからの通知を装う偽のSMSに注意 | トレンドマイクロ is702
以上

【2021/05/25 #maruden_eye 上司にスタンプはOKか】

投稿日: カテゴリー: maruden eye
 面白い記事が出てくるNECプラットフォームズのコラム。こちらでもご紹介していきたいと思う。
 今回ご紹介するのは、上司に対してスタンプを使うのはOKかどうか、という話。最近、チャットツールがビジネスの中にも入りこんできていて、簡単な意思疎通におけるチャット利用のウエイトが大きくなってきている。
 チャットツールのいいところはスタンプ。わざわざ「ありがとうございます!」と書くよりも、いいね!スタンプを押せば十分、中身は伝わる。正直、打てば何文字のところをスタンプで端折る訳で、使い慣れていない世代の方は、むしろスタンプを出す方が打つよりも時間がかかる、何て笑えない話も現実的に起こっていそうだ。
 ただ、その端折る端折らないも、友達ならともかく、会社の上司に対して いいね!も無いだろうという話は何となく分かるような気がする。というか、私たちがそういう世代だからであろうか。やはり目上の方に いいね!を押す際には一瞬躊躇するし、内容によってはやはり、スタンプじゃないだろう、と敢えてテキスト入力することもしばしば。
 しかし、チャット・ネイティブな世代は上記のような感覚とはまた違うのだろう。文中にも書かれているが友達に いいね!するような感覚ではなく、単に、見ました、了解しました、という意味でスタンプを使う。この辺の意識のズレがある、という事について、慣れてない世代は、知識として知っておく必要がある。それで口にできなかったモヤモヤが解消された、という方もいらっしゃるのではないだろうか。
<参考リンク>
■上司にスタンプOK? 2020年度に生まれたビジネス新常識 : ITがもっと身近に感じる情報コラム | NECプラットフォームズ
以上

【2021/05/18 #maruden_eye リモートワーク 各国でも同じようなことが】

投稿日: カテゴリー: maruden eye
 以前にもこちらで触れた、リモートワークが一時期よりも下火になってきているようだという話、これは日本だけではないようだ。
 参考リンク先はハーバードビジネスレビュー。つまり海外でも同じようなことが起きているという事だ。感染者数は悪化しているが、自分の上司は可能な限り早急にリモートではなくて、オンサイトで仕事してほしいと。そういう要求に板挟みにあった管理職がこの記事のターゲットだ。
 日本ではより出社派が優勢のような雰囲気がある。特にも地方はそうなのだが、そもそもリモートが感染者数に応じてそこまで進まなかった事などが原因としては考えられる。不思議なもので、当初国もリモートワークだとすごく言っていたのに今では、その事には触れず、時短営業などの話になっている。端的に人の動きを制限したいのなら、リモートワークを徹底して進める方が理にかなっているはずなのだが。
 このリモートワークの是非が新たな分断をもたらすというような話ではないが、徐々にこれらのワークスタイルを就職の選択の際に考慮するような、そういう人々も、この経験を経た後には出てくる事だろう。事の賛成反対によらず、事実として左記のようなことを頭のどこかには入れておく必要がある。
<参考リンク>
■リモートワークに懐疑的な上司をどう説得すべきか チームの要望を上手に伝える7つのアプローチ | HBR.org翻訳マネジメント記事|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
以上

【2021/05/11 #maruden_eye 返信が無いメールをどう催促するか】

投稿日: カテゴリー: maruden eye
 最近ではメールで重要事項を確認しあうというのが以前にもまして日常的になってきている。口頭で間違うと手戻りが大変な事項などは努めてメールで送付するように、というのはビジネスパーソンにとってはもはや常識といってもよいだろう。
 返信が必要なメールについてレスポンスが驚くほど速い方がいる。もちろんこちらの後処理を気遣っての事なのだが本当に助かる。自分もそうありたいものだと勉強させて頂いている。
 一方で、中々返信が返ってこないケースもある。電話などで催促すればよいのだが、それ自体がそもそも憚られるケースもあり、返信がくるまでかなりストレスを抱えるというようなケースもしばしば。
 参考リンク先では、そうならないためのちょっとしたコツが纏められている。これは成程なと思うものも多い。是非、そういう経験がある方はご確認頂ければと思う。
<参考リンク>
■いつまでもメールの返信がない時、上手に催促する方法 相手から嫌がられずに必要な回答を得る | HBR Ascend|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
以上