【2022/08/16 #maruden_eye 悪い音質はストレスを高める】

少し前の記事になるのだけれど、NTTデータと音響機器で有名なシュア・ジャパンとの研究で面白い結果が出た、という話が掲載されていた。

具体的にはリンク先を参照頂きたいのだが、WEB会議で何だかモヤッとしたストレスを感じるのは、音質が悪いため、というのがこの研究で分かったというのだ。サイクルとしては、音が悪い、内容が聞き取れない、ストレスが増す、話の理解度が低下、更にストレスが増すというスパイラルが発生しているというもの。

シュア・ジャパンの名前が入ってる訳だから、何かしら音に関係する話だろうなとは思っていたのだが、なるほど、そういうアプローチだったかと納得した。つまり、単純にカメラはともかくマイクスピーカーにはしっかりお金をかけなさい、という事をいいたい、という事になる。

ただWEB会議の中で音声遅延が発生するのは、マイクスピーカーもさることながら、回線スピード、PCスペックなど、様々な要素が絡んでくる。いずれ、音の環境をどう良くするのか、この点は配慮が必要だ、という事については心に止めておきたい。

<参考リンク>
■「Web会議で疲れるのは音質が悪いから」NTTデータとSHUREが調査 理解度が下がりストレスに – ITmedia NEWS
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2206/14/news096.html

以上

【2022/08/09 #maruden_eye 普段は目覚まし有事の際にはラジオ】

今週は防災グッズのご紹介。といっても単なる防災グッズではなく普段づかいできる防災グッズについて。

詳しくは参考リンクをご参照頂きたいのだが、記事中で紹介されているシチズンの防災クロックは、普段は目覚まし時計として使えるのが、防災時には簡易の携帯バッテリーになる。バッテリーは手回しで充電できて、本体横にはライトがついており、ラジオとしても使えるという優れものである。

以下のリンクではシチズンの防災クロックを動画で確認することができる。普段は目覚ましということで枕元に置いて使っているので、深夜に災害が起きた際などにもいちいち、探さずに済むという点でもいい。強い味方になってくれそうだ。

その他、ソーラーで充電できるチャージャーやLEDランタンなど様々防災グッズが紹介されている。是非、チェック頂ければと思う。

<参考リンク>
■普段は目覚まし、有事は多機能防災ラジオに! ? 持っておきたい優秀“防災ガジェット”(ananweb) – Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/1215ba5551befadae801064ac529ec0031f6edcc

以上

【2022年 夏季休業のお知らせ】

平素は格別のお引き立てを賜りまことにありがとうございます。

弊社の夏季休業は以下の通りとなります。宜しくお願い申し上げます。

■休業日

休業日 8月13日(土)~8月16日(火)
※8月13日(土)、14日(日)は定休日となります。
8月17日(水)から平常通りに業務を開始いたします。

■夜間・休日の故障は
○電機に関する事  TEL 019-636-3262
○通信に関する事  TEL 019-636-3264

以上です。

【2022/08/02 #maruden_eye オンライン会議の準備を簡単に その4】

先週からの続きネタ。先週は、会議の途中で参加者の接続PCを入れ替えるなどが起こっているようならBarcoのCXシリーズの導入を検討された方がいい、という話。

こちらは、本体にカメラ、マイクスピーカー、モニタが繋ぎこんである。そしてUSB Type-C(Type-Aもある)のドングルがついてくる。ユーザーはこちらのドングルをPCにUSB接続してそのドングルについているボタンを押すだけだ。そうなるとすぐに画面共有ができる。

のみならず、本体につながっているカメラ、マイクスピーカー、モニタも同様に使えるようになるのだ。参加者はこのドングルを押しさえすればすぐに会議中、ケーブルを繋ぎ変えることなく簡単にPCの切り替えをする事ができる。本当に簡単である。

今回のシリーズでは自席での会議の場合から、会議室での会議まで、いかに簡単に準備をするかというところに焦点をあてて検討してきた。一度導入すると手放せなくなるものも多い。是非、弊社にご相談頂き、ご活用頂ければと思う。

<参考リンク>
■ClickShare CX-30 – ワイヤレスコンファレンスシステム – Barco
https://www.barco.com/ja/clickshare/wireless-conferencing/cx-30

以上

【2022/07/26 #maruden_eye オンライン会議の準備を簡単に その3】

先週からの続きネタ。先週は、USB Type-C 1本で、モニタ、カメラ、マイク・スピーカーの3つをつないでしまおうというもの。IODATAの適合商品もご紹介した。

今回は、更に更に面倒なくやるためにはどうしたらいいか、という点。多分、毎回、会議の準備が必要な状況を考えれば、自席での会議というよりも、会議室か何かスペースを使用して行う会議であることが想定される。

厄介なのは自分が座る場所までUSB Type-CやHDMIの長さが足りるのか、という問題も合わせて浮上。そして何より大変なのはこのような場所で会議を知る際には、こちらの参加者も複数人いることが想定され、各々ノートPCを持って参加、という可能性が高いかと思うのだが、この他の人のPCにしかデータが無い、などがあって途中で切り替えが必要になるようなケース。
この場合はカメラやマイクスピーカーを一旦抜き、必要なPCに再接続しなければならない。

こういう何ともしびれるような状況がもしあるとするならば、BarcoのCXシリーズを導入することをお勧めする。

<参考リンク>
■ClickShare CX-30 – ワイヤレスコンファレンスシステム – Barco
https://www.barco.com/ja/clickshare/wireless-conferencing/cx-30

以上

【2022/07/19 #maruden_eye オンライン会議の準備を簡単に その2】

先週からの続きで、何とか1本USBをさすレベルですっと会議ができるようなそういう仕組みづくりである。

今回注目したのはUSB Type-CでノートPCへの接続を可能にするモニタだ。こちら、HDMIやディスプレイポートの変わりにUSB Type-Cでモニタに映像を出すことができる。
注意としては、出す側のノートPCのUSB Type-CポートがDisplayPort Alt Mode対応であること。こうやって書くと何のことやらという感じだが、つまりはUSB Type-Cでも接続して映像を出せるものと出せないものがあるので、自分の使用しているPCはどちらのタイプなのか、認識しておくことが大切。

その上でこちらのモニタにはUSB Type-Aの口が2個ついている。ここに、カメラとマイク・スピーカーが一体化したデバイスを繋ぎこむことで、最終的には統合されてUSB Type-C一発でモニタ・カメラ・マイクスピーカーを繋ぎこむことができる。

丁度この話を実現するIODATAの商品があったので各々、参考リンクでご紹介。

<参考リンク>
■LCD-CF271EDシリーズ | 法人・文教向けワイドモデル | IODATA アイ・オー・データ機器
https://www.iodata.jp/product/lcd/bizwide/lcd-cf271ed/index.htm

■USB-AIOC1 | パソコン/STB/カメラ・スピーカーフォン | IODATA アイ・オー・データ機器
https://www.iodata.jp/product/pc/pc/usb-aioc1/

以上

【2022/07/12 #maruden_eye オンライン会議の準備 簡単に】

オンラインでの会議に参加する際に、デスクトップであれば本体の他、最低でも画面、マイク、スピーカー、カメラが必要になる。つまり周辺機器が結構な数になる。

これが据え置き型で繋いだままであればストレスも少ないのであろうが、オンライン会議の際に都度、セットアップする必要があるという事だと接続が煩わしい、もっと簡単にやれないものなのか、と考えていらっしゃる方も少なくないであろう。

Mouseパソコンに買収されたiiyamaから2月に、DELLから4月に発売されたモニターは、各々モニタにカメラとスピーカー・マイクが実装されたモデルが各々リリースされている。モニター本体からはHDMIとUSBを本体に接続。これを行うことで、カメラとスピーカー・マイクを接続したのと同じ形になる。

ただ、この時点でもまだ、USBとHDMIの2本が必要、という事になる。これをさらに絞り込むことはできないのだろうか。その辺を考えていく。

<参考リンク>
■ASCII.jp:デル、カメラ・スピーカー・マイクを内蔵したテレワーク向けディスプレーなど3製品
https://ascii.jp/elem/000/004/090/4090393/

iiyama、Webカメラ付属の23.8型液晶 – PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1387125.html

以上

【2022/07/05 #maruden_eye Internet Explorer(IE)完全に終了する その2】

いよいよIEことInternet Explorerが2022年6月で終了となる。今回はその代わりとして使う事になるEdgeのIEモードについて

詳しくはリンク先の記事をご参照頂きたいのだが、正直なところ結構な手順の多さだ。しかもこの手の設定に慣れていない方からするとかなり敷居が高い感じが否めない。

これは、基本的にはIEというのがセキュリティ的にも日々刻々と変わるセキュリティ事情には対応できないから、もうIEでのシステム自体あきらめてください、とマイクロソフトの心の声が聞こえてきそうなほど。

いずれにしても、使いたくないが使わざるを得ないという方もいらっしゃるであろうから、まずはそのような方に置かれては腹をくくって臨んで頂くしかない。

<参考リンク>
■Edgeの「IEモード」を、サポートが終了するIE代わりに使う方法:Tech TIPS – @IT
https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/2009/02/news022.html

以上

【2022/06/28 #maruden_eye Internet Explorer(IE)完全に終了する】

いよいよIEことInternet Explorerが2022年6月で終了となる。

今までは、終了だと言いつつもスタートメニューに何故かある、というような状態だったのだが、これ以降についてはアイコンも消えてクリックもできなくなる。

困るのがまだIEベースで動いているWEBプログラムなど。どうしてもEdgeだとダメ、というところもあり、業務で使用されている方などは気をもんでいる事と思う。

MicrosoftとしてはEdgeのIEモード、というのがあるのでそちらを使ってもらいたいとのこと。IEモードの使い方については来週取り上げる。

<参考リンク>
■待ったなし! Internet Explorer(IE)完全終了に備える【まとめ】:さよならIE – @IT
https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/2205/11/news021.html#utm_medium=email&utm_source=ait-tsushin&utm_campaign=20220518

以上

【2022/06/21 #maruden_eye 悩ましいスマホのバッテリー問題 その3】

気が付けば3週目となるスマホのバッテリー問題。それだけビジネスパーソンにとっては重要課題、という扱いである。

今回は、どのタイミングで充電すればいいのか、という話。というのも、あまり使っていない状態ですぐに充電し続けると、バッテリーに負荷がかかり劣化が早くなるという話を聞いたことがあるためだ。
これを回避するためにはできるだけ0%に近いところまで使い切って、電源をOFFにして充電しなさいと。そうすると容量を最大限使えて劣化も最小限にとどめられる、というような内容だ。

この話について、ライフハッカーに面白い記事があったのでリンクしておく。詳しくは記事の内容をご確認頂きたいのだが、どうも記事を読む限りでは上記のようなことは気にしないで、自分の充電したいときに充電すればいい、というもの。
厳密に言うと若干の劣化はあるが、劇的にこれが起こるわけではない。むしろこのバッテリーの長寿命化に使用を最適化する方が制約が多いというもの。

記事は永遠に続くものなどない、で締めくくっている。当にこの達観こそがバッテリー問題を解決する考え方なのかもしれない。

<参考リンク>
■「スマートフォンを充電し続けるとバッテリーが劣化する」は真実ではない | ライフハッカー[日本版]
https://www.lifehacker.jp/article/stop-letting-your-smartphones-battery-die-before-you-ch/

以上

【2022/06/14 #maruden_eye 悩ましいスマホのバッテリー問題 その2】

先週はスマホのバッテリーが早く消費される原因は何なのかという事について調べていった。今週は充電について。

バッテリーが減れば充電しなければ使えない。この法則は覆らないところだ。1日くらい持つのであれば家に帰って充電器につなぐという事でいいのだが、昼にバッテリーが切れて業務に支障が出るのは避けたい。

結果として職場でも充電できるように充電環境を整えることになる。これがまた面倒だ。スマホ購入時についてきたメーカー純正のものは家で使うことが多いだろうから、新たに買わなければならない。しかしメーカー純正は割高な感じもする。さりとて間違った充電器を買うと急速充電などできずに困る。

この辺は、利用機種を入れるとさっさっと対応充電器が出てくるようなそういう販売サイトのインターフェースの問題のような気もするがとにかく分かりにくい。ポイントは急速充電に対応しているか、あとはサードバーティ製を選ぶならそもそも信頼性が大丈夫かという点は必ずチェックしたい。

<参考リンク>
■IT機器のプロ厳選! Android用充電器おすすめ8選|急速充電対応も | マイナビおすすめナビ
https://osusume.mynavi.jp/articles/1717/

以上

【2022/06/07 #maruden_eye 悩ましいスマホのバッテリー問題】

スマホを使うようになって外でもスケジュールやメールやSNSが確認できビジネススピードにも相当寄与しているなと感じていたのだけれども、伴って非常に大きい問題が発生した。

何を隠そう、スマホのバッテリー問題である。とにかく消費が早い。ガラケーを使用していた時も年数が経ってきたハードは少し長い電話が入ると一日持たないという事があったけれども、スマホに関して言うと、通話の有無によらずバッテリーの消耗が早いように感じている。

スマホのバッテリー情報を確認してみると、どうやらAndroidのシステム系で結構な電池消費があるようだという事が分かった。そうなると疑わしいのは電波を発生させる系のWi-Fi、Bluetooth、GPSあたり。

試しにこの辺の機能を強制でOFFにしてみたところ、何をしなくても1日と持たなかったバッテリーが3日程度は持つようになった。次回もこの話を続ける。

<参考リンク>
■スマホ電池の減りが早い原因はコレ!バッテリーを長持ちさせる設定方法 | NTTドコモ dアプリ&レビュー
https://apprev.smt.docomo.ne.jp/news/news-452341/

以上

【2022/05/31 #maruden_eye リモートワークを考える】

INTERNET Watchに良質なまとめ記事が掲載されていたのでご紹介したい。記事の題名の通り、リモートワークの課題と期待について書かれている。

詳しくは記事をご参照頂きたいのだが、こちらの記事を見ていると確かにと納得できることが多い。やはり機器で解決できる部分は解決してしまう、その上で、人と人とのコミュニケーションをどう考えていくのか、というところが課題として残っている。

特に、リモートワークと実際に会社に出てきている人とがいる場合のコミュニケーションの溝については、なるほどなと感じた。今後もコロナは続いてくことが予想されるので、リモートでも仕事を継続できるような体制づくりはある意味、マストになってきている一方で、そのような体制にシフトしたらシフトしたで新たな問題が起きる、というケースだ。

いずれにしても、だからリモートワークはNGだ、とするのではなくて、これも働き方の一形態として、うまく取り込んでいく、そのようなスタンスの方が働き方の選択肢が増える分、自社にとってはプラスに働いていくのではないかと考えている。

<参考リンク>
■2年間の経験と取材で見えてきた「リモートワークの課題と期待」 ~ 筆者自身の考えをまとめてみた【甲斐祐樹の Work From ____ :第10回】 – INTERNET Watch
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/work_from/1392285.html?fbclid=IwAR0-jOoWEod8TdF-C_HFVED4BKHZAlUeO9PODCYWhexZFzO39IJBkTHiJtI

以上

【2022/05/24 #maruden_eye 快適なテレビ会議を支えるネットワーク】

昨今では以前にもましてリモート会議がビジネスの日常に入り込んできているように感じる。コロナということもあるが、東京や仙台に本拠地をおいてるメーカーはほぼリモート会議が前提となる。

会議の回数が多くなってくると気になってくるのが音声品質、画像品質。もちろん、あちらからの送りの音声や画像が気になるという事もあるが、こちらもこちらでどのような品質であちらに行っているのか、とりあえずやり取りはできているから問題はないか、と思う一方で、相手の品質が引っ掛かった際にはやはり自分の状況も気になるもの。

今回ご紹介する記事は、この品質に大きい影響を与えているのがネット回線の帯域・回線速度だ、というもの。詳しくは記事をご参照頂きたい。先週ご紹介したUSENもこちらで出てくる。注目したいのはWEB会議をするときは1Mbpsから2Mbpsの通信帯域が必要だ、というもの。想像より結構大きかったという方もいらっしゃるのではないだろうか。

記事中にもあるがいよいよもってはこちらからの送り画像をOFFにすると一気に必要帯域が下がる。相手もOFFにして音声だけにしてしまえば相当ナローな回線でも何とかなる。これは、いざ、という時のために覚えておいた方がいいネタだ。

<参考リンク>
■テレビ会議ワンポイント活用術 2022年3月|VTV JAPAN MAIL NEWS
https://vtvjmn.com/katsuyojutsu/202203_k.html?lfpeid=c5P63GH8wjmp&lfmaid=1000157820-1

以上

【2022/05/17 #maruden_eye 気になるインターネットの速度】

インターネット上のサービスを使うようになってくると、これに伴って気になってくるのが回線スピード。やはり使う上では快適に使いたいものだ。

インターネットの閲覧が遅いと感じたとき、複数の原因が考えられる。まず、そもそも回線のスピードが遅い場合、端末が古くなっているか不具合を起こしていて処理が進まないために遅く感じる、無線LANを使用しているが無線の調子が悪いか電波状況が良くない、サービス側のサーバーで遅延が起きている、など。

上記に挙げた要因はある意味で定番のラインナップになるのだが、ポイントはこれらをベースにして遅い原因はいったい何なのか、突き止められないまでも、絞り込んでいくこと。これで対策範囲が狭まるので、投資効果がある改善を行うことができる。

リンク先のUSENのサイトは回線のスピードテストのサイトなのだが、この回線速度であれば、どういうサービスがどれくらいの快適さで提供されるか、という目安を示してくれる。特にもWEB会議に支障が出ている、などという場合は、こちらを利用して状況確認してみることをお勧めする。

<参考リンク>
■インターネット回線スピードテスト・通信速度測定 | USEN GATE 02
https://speedtest.gate02.ne.jp/

以上

【2022/05/10 #maruden_eye 改めてエクセルを学ぶ】

昨今では、ビジネスでPCを使うという言葉が様々な意味を持つようになってきた。メールやインターネットはもちろん、基幹システム、会議、情報共有まで。

そのような中でもやはり王道なのは、いわゆるMicrosoft系の文章作成、表計算、プレゼンテーション、であろう。

今日取り上げているのはエクセルの話。詳しくはショートカットを見て頂ければと思うのだが、キーボードのショートカットを覚えると今よりもかなり表作成の効率が上がる、というもの。

見てみるとよく使うものから、こんな機能があったのかと思うものまで様々。もちろん、表計算を何のためにするのか、の方が大事だが、どうせなら効率よく作りたいというのは皆、一緒であろう。

<参考リンク>
■“脱マウス”で作業時間が激減 仕事が速くなる5種類の時短ワザ:日経クロストレンド
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00599/00003/?n_cid=nbpnxr_mled_feature_01

以上

【2022/05/03 #maruden_eye 二段階認証はやっぱり効果があった】

GIZMODOに興味深い記事が掲載されていた。何でも二段階認証を設定すると50%以上安全になる、というもの。Googleの話である。

Googleでは二段階認証をデフォルトの設定にしたのだとか。その結果して、二段階認証を利用しているユーザーはアカウントハックが50%減少したとのこと。
よくハッカーの話などを引き合いに出しながら二段階認証など総当たりすれば意味がない、などとしている記事もあるようだが、Googleが50%被害が減少した、と言っているのだからそうなのであろう。

確かに半分の人には効果が無かったという事だが、それでも確率が50%下がるというのは大きい。やらない理由はないのである。もっと言うと、これを読んでもなお、二段階認証を利用しないという方は、利用している方に比べて、ターゲットになりやすい、という事にもなりえる。なにしろ二段階認証を利用している人よりも攻略がしやすいからだ。

使い勝手が悪くなる、不便になる、という不満はわかるが自分の個人情報とつがいがっての悪さを天秤にかけてしっかり考えるべき話である。

<参考リンク>
■Googleの2段階認証設定すると50%以上安全になるよ | ギズモード・ジャパン
https://www.gizmodo.jp/2022/02/google-account-hacking-minus-50-percent.html

以上

【2022/04/26 #maruden_eye 役立たなかったシステムを検証する】

 キーマンズネットに気になる記事が掲載されていた。東日本大震災発生時、安否確認のシステムが殆ど機能しなかったと回答している会社が多い、という話である。
 
 詳しくは記事を参照頂きたいのだが、確かに思い返してみても、そもそも回線自体が使えなかったというケースもあるし、契約していた安否確認システムにアクセスが集中しすぎて全く開かなかった、緊急時なのに根掘り葉掘り細かいことまで聞くフォーマットになっていた、とか、理由は様々であったように記憶している。
 
 更に記事では、情報取得ツールとして災害時スマホはライフラインの一つと考えるべきとしている。ついては、これをいたずらにバッテリー消費させないことも重要だ、としている。全くな話だ。
 
 これらの防災系のシステムは震災を経て検証され、災害時に使えるシステムにしっかりアップデートされているものも多い。是非、システムを導入する際にはその辺の震災後のシステム検証や取り組みも含めて確認したい。
 
<参考リンク>
■東日本大震災発生時、なぜ安否確認システムは役に立たなかったのか:IT導入完全ガイド(1/4 ページ) – キーマンズネット
https://kn.itmedia.co.jp/kn/articles/1901/07/news012.html
 
以上

【2022/04/19 #maruden_eye 多くの人がやっているミス】

キーマンズネットに気になる記事が掲載されていた。なんでも、役職や部署を問わず、約6割の人がメールの誤送信や誤受信を経験しているというもの。

本当にこの手のミスはあり得る。お恥ずかしい話、私も経験者です、という方も多いのではないだろうか。もし仮に誤送付してしまった場合、まずは、誤送付した相手に電話して削除を依頼しつつ、お詫びを入れる。

これで済めばいいのだが、場合によってはCCなど沢山入っているメールで一人だけ間違っていた、などのケースだと、その他の方にも事情説明をする必要がある。勿論、メールの内容によっては、謝罪で済むケースとそれ以上の問題に発展するケースがありえる。

いずれ、この手のミスは起こさないのが一番。ただ、ミスは起きる。なるべく起こさないように仕組みを整えつつ、それでも起きた場合は誠意をもって迅速に対応、である。

<参考リンク>
■約6割が「誤送受信」を経験、メールトラブルの実態調査 – キーマンズネット
https://kn.itmedia.co.jp/kn/articles/2201/27/news064.html#utm_medium=email&utm_source=kn-weekly&utm_campaign=20220202

以上

【2022年 GW中の営業について】

弊社のゴールデンウィークの営業予定はカレンダー通りとなります。宜しくお願い申し上げます。

■休業日
休業日 4月29日~5月1日、5月3日~ 5月5日

■夜間・休日の故障は
○電機に関する事  TEL 019-636-3262
○通信に関する事  TEL 019-636-3264

以上です。