maruden eye

【2020/10/20 #maruden_eye 改めてWi-Fiルーターのセキュリティを考える】

 今回はホームネットワークのお話。特にもWI-FIのセキュリティについて取り上げたい。
 今では多くのご家庭でWI-FIを使用していると思うが、より安全に使うためのポイントが何個かある。トレンドマイクロis702の記事にあったポイントから何個か抜粋してご紹介したい。
 記事中では7つのポイントを挙げているのだが、特にも注意したいと感じたのは、1番、それから3番。7番のホームネットワーク全体を保護できるセキュリティ製品を、というのはもちろんトレンドマイクロにそういう商品があるためだ。
 1番はパスワードをデフォルトのままにしておかない、というもの。これも最近では初期設定が変わってきていて、以前であれば共通のユーザー名とパスワードが使用されていたのだが、今では個々に任意のパスワードが設定されている。正直、どの機器にどのパスワードを入れたなど突き合わせがどうなっているのか個人的には気になるがいずれ、そういう形でセキュリティは増している。が、古い機器をそのまま使用している方もいるだろうから、この辺は意識して変えておきたい。
 3番は暗号化の方式について。今ではWPA3というのが出てきているが、現在の主流と呼べるのはWPA2。最低でもこのレベルのものを使用したい。WEPしか対応していないゲーム機を使うためにこの設定を残していたりするケースがあるのだけれど、基本的にはかなり弱い暗号化と考えた方がよく使わないのがベター。
 便利に安全に使うためにちょっと気を付けただけでもかなりセキュリティの度合いが変わってくる。この辺、是非とも注意してご利用頂ければと思います。
<参考リンク>
■Wi-Fiルータのセキュリティを強化するための7つのポイント | トレンドマイクロ is702
以上