Facebook

【2019/09/03 #maruden_eye スマートロックのスマートではない使い方】

【2019/09/03 #maruden_eye スマートロックのスマートではない使い方】

 最近、後付けのスマートロックが注目を浴びている。スマートロックとは、例えば自分が持っているスマホなどが自分の家の鍵になる、というようなもの。大抵、スマートロック自体がクラウドに直結していて、ネットを経由して認証する事で鍵の開閉をする仕組みだ。

 このスマートロック、防犯+ネットワーク、という事で当に21世紀ならではの仕組みだと思う。使い方によっては、例えばシェアオフィスや時間貸しの会議室のドアの開閉の際にも、このクラウド上の管理画面から、一時的な鍵を発給したりできるために、従来の物理的な鍵が伴う管理よりもより柔軟な運用ができる。

 しかし、一方で弊害というか、ならではの話も出てくる。例えばスマホを忘れたまま、外出しスマートロックが自動でロックをしてしまった場合、このスマートロックを開けるために滅茶苦茶大変な思いをする、などというエピソードが出てきている。
 例えばスマートロックを前提としたマンションなどであれば管理会社がマスターキー的な権限を持っている、などは考えられるが、自分たちで後付け施工した場合は、この救済措置も無い。

 結果としてスマートロックに自らが締め出される、という何とも笑えない話が、昨今聞こえてきている。
 参照リンクでは、当にそんな憂き目にあった方々の体験談である。面白おかしく書いてあるが、自分が同じ立場だったら本当に途方に暮れるだろう。お時間ある際にでもご覧頂ければと思う。

<参考リンク>
■スマートロックに締め出され、東京で朝までスマホも財布もなしでサバイバルした話 | ライフハッカー[日本版]
https://www.lifehacker.jp/2019/07/193652-smartlock-lock-out_gizmodo.html