Facebook

【2019/06/11 #maruden_eye 自動翻訳機は使えるか?】

【2019/06/11 #maruden_eye 自動翻訳機は使えるか?】

 先日、記事を見て思わず吹き出してしまったものがある。何でも、大阪メトロの外国語ページがとんだ誤訳で一時、非公開になった、というもの。非公開状態は長く続いているようだ。

 詳細については記事をご覧頂きたいのだが、何と「堺筋線」(さかいすじせん)が、「Sakai Muscle line」になっていたそうだ。何とも逞しそうなイメージではあるが、お気づきの通り完全な誤訳である。これは人力では意図的でない限り発生しえないレベルの間違いという事で、記事内容を確認したところ、やはり自動翻訳の翻訳ミスであった。

 このような、思わず吹き出してしまいそうな自動翻訳の誤訳を見ると、まだまだ実践では使えないレベルなのかな、と感じてしまう。しかし一方ではこんな記事もある。何でも、情報通信研究機構(NICT https://www.nict.go.jp/ )が開発したスマホアプリ「ボイストラ」がTOEIC900点以上を取る人と同等の翻訳力がある、とのこと。この「人と同等の翻訳力がある」、という言い回しは気になるところだが、無料という事もあるので、とりあえずスマホに入れておいても良いのではないか。

 いずれ、機器を使用して言語の壁を乗り越える事ができるのであれば、それは観光のみならず各産業にも影響していく重要な話。図らずも誤訳を披露してしまうことで、自動翻訳の状態を世の中が認識してしまう状態になっているが、この手の技術は突如として飛躍的に向上することもある。引き続き気に留めておきたい分野だ。

<参考リンク>
■「堺筋線」を「Sakai Muscle line」と誤訳 大阪メトロ、外国語ページを非公開に – ITmedia NEWS
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1903/19/news072.html

■政府、自動翻訳を導入へ TOEIC900点級のアプリ:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASLC253YPLC2UTFK01C.html