Facebook

【2019/06/04 #maruden_eye 事故が起きる前に役立つシートベルト】

【2019/06/04 #maruden_eye 事故が起きる前に役立つシートベルト】

 先日、とても気になる記事があったので皆さまにもご紹介したい。何でもシートベルトがドライバの眠気や心筋梗塞などステータスを検知して事故防止を図る、というもの。

 詳細については参考リンクをご覧頂きたいのだが、事業を企画している1社は損害保険ジャパン日本興亜。つまり、事故後に貢献するのではなくて事故が起きないように貢献しよう、という意図が見て取れる。もちろん、事故が発生した際に支払う保険金の事を考えれば、同社が事故防止に対して強いニーズがあると考えるのは自然であろう。

 このシートベルト、いわゆるセンシング技術、である。センシング技術とは、センサーなどを使用しさまざまな情報を計測・数値化する技術の事。温度計・湿度計、照度計、など、いわゆる「計」があるものはセンシングとかかわりがあると考えて良い。これを収集してきて、ある一定の数値を超えると予約していたアクションが動くようなそういう仕組みを作っていく。平たく言うと、状況の「みえる化」である。

 今後は様々な分野でこのセンシング技術が活用されていくものと考えられる。今までは事後にどうするか、対応を素早く確実にというのが対策の主流だった訳だが、これからは、事前に予兆を察知し「事」が起きないようにする、というスタイルが徐々に大きい流れになってくるものと考えられる。

<参考リンク>
■シートベルトで眠気や心筋梗塞の予兆を検知。損保ジャパンらが実証実験 – Impress Watch
https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1174481.html

■DEFENDER-X – ELSYS JAPAN|DEFENDER-X、Mental-Checker
https://www.elsysj.net/defender-x/

センシング技術の応用です。人がなかなか気づかない細かい動きをカメラを通じてあつめた映像を解析する事で見える化し、不審者の検知率を大幅に上昇させます。
※弊社でも取り扱いがございます。