Facebook

【2017/12/26 #maruden_eye IOTの2つの意味】

【2017/12/26 #maruden_eye IOTの2つの意味】
 本年最後の記事は、IoTについて。今更という感じもしますが、今更だからこそ、しっかりチェックして年越ししましょう。
 参考リンク先で取り上げているIoT2つの意味の2つとは、「現実世界の出来事をデジタルデータに変換し、ネットに送り出す機器や仕組み」、そしてもう一つが、「データで現実世界を捉え、そのデータから規則性や最適解を見つけ出し、それを使って現実世界をよりよく動かす仕組み」、というもの。

 通常、何も考えずに使う場合は、全社が多いような気がしますが、実際にやっている事は、後者。つまりデータ化して何がしたいかというと、それを人工知能などで解析して、人間が普段気づいてないような相関関係を見出したり未来予測に使用したりする、というものです。

 今後はどんどんこれらIoTを利用した社会が進んでいくものと思われます。注目の分野です。

 今週の更新で、今年の定期更新は終わりとなります。次回更新は1月9日を予定しております。それでは皆様、よいお年をお迎えください。

<参考リンク>
■コレ1枚で分かる「IoTの2つの意味」 – ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1710/23/news039.html